Pocket

取引条件や特徴に関して徹底的に調査しました。
AlfatradeとはFXサービスを提供している業者のことで、安心して活用し安全にプラットフォームとやり取りする場合、完璧な機能性を提供してくれるビジネス情報ソースによりFXしている投資家が皆信頼することが出来ると断言しています。

現在社会において世界で150カ国以上にサービスを帝京しているのでまさに世界規模で信頼出来る情報を提供できる業者と言うことが出来るのです!>>公式サイトを見る
alfatrade

口座、アカウトによって最低入金額が異なる仕組みになっていて、標準的な口座に関しては最低入金額が500ドル、つまり50000円と設定されているますが、プレミアム口座だと、最低入金額は2,000ドル、つまり200000円です。あとプロフェッショナル口座なら最低入金額は10,000ドル、1000000円だということが出来ます。

もっともプレミアムやプロフェッショナルの口座を使用しているのはそのほとんどが中級者や上級者だと言えるので、最初にFX口座を開設する場合は標準的な口座がいいと言えます!



公式サイトへ行く
AlfaTrade(アルファ・トレード)へ口座開設・詳細情報ページへ

プラットフォームは4種類から選択することが可能です!

さらに学習ガイドが提供されるので初めてFXをする人であっても安心ということが出来るのです!
安心して利用でき安全性が高いFXの業者で人気がある理由の1つに24時間サポートがあります!

勧める理由の一つ目は取引フォームがMT4完備な点

MT4とは基本としてプラットフォームには搭載されていないツールです。だから別のサイトからダウンロードしてこなければなりませんがアルファトレードなら無料口座開設したらMT4を利用することが出来るのです。
他にも24時間取引出来て利便性の高いモバイル取引、そして最もいい取引をする為のミラー・トレーダーも準備されているので使い勝手がいいということができます。

金銭的な分別管理対策を行っているので安全

証券会社により顧客投資家の資産と自己(自社)資産がきちんと分けて管理されているのでもし証券会社が破綻したとしても投資家の資産には手をつけることはありません。それが分別管理なのです。
顧客資産は運営費用とは別にきちんと保護しているので万が一の場合でも安全だと言えます!!

口座別の対応がいい!

アルファトレードは入金額により口座の種類が異なるシステムです。その口座の種類は標準とプレミアムとプロフェッショナルの3種類があり対応が異なります。

基本としてプラットフォームにはMT4が搭載され、プロフェッショナル口座の場合は別の口座と比較してスプレッドが低いと言えます。

無料で使えるデモ口座がお勧め

アルファトレードには無料で使用できるデモ口座が存在します。取引の際には登録をする必要がありますが、その際に名前とメルアドなどの最低限度の個人情報のみでデモ口座を作ることが出来るのがいいといえます。

さらにデモ口座を使って現実と同様に取引をしてみることが出来、そうすることで練習をしてやりかたを覚えてデモなら失敗も現実の損失には繋がらないので気楽に出来ます。

アルファトレード(AlfaTrade)口座を開設するには

アルファトレードに口座を開設する時にはトップ画面の登録もしくは当社の取引内に存在する取引口座開設から申し込んでください。

画像上で取引口座開設もしくは登録の画面から入力フォームに移ります。登録する場合には氏名とメルアド、電話番号とパスワードを入力する必用があります。記載されている手順に沿って各項目に入力していく必用があります。

注意して欲しいのは口座通貨で絶対に【JPY】つまり日本円を設定することです。後から口座通貨は変更するのが難しいのでこの点は忘れずにチェックしてください。

手順どおりに進めば受け入れますという記載が出て、合意事項、個人情報保護基本方針をチェックしそれでよければcheckし登録をクリックすることで口座の開設手続きは完了となります。



公式サイトへ行く
AlfaTrade(アルファ・トレード)へ口座開設・詳細情報ページへ

デモ口座で実際に取引してみた

・アルファ・トレードのデモ口座開設手順をご紹介!
AlfaTrade(アルファ・トレード)は、イギリスに本社を構える海外FX業者です。
比較的最近サービスを開始したばかりの新興企業であり、日本ではまだまだ知名度が高くありません。しかし、FCA(金融行為監視機構)から正式に認可を受けている社会的信頼性の高さや取引システムの充実度が多くのトレーダーから評価されており、今後の展開に期待が集まっています。

アルファ・トレードの魅力の一つとして、バーチャルマネーで取引の練習を行える「デモトレードサービス」が挙げられます。自分の資金を投資することなく実際のトレードの雰囲気を体験できるため、FXに興味のある初心者はもちろんのこと、アルファ・トレードの取引プラットフォームをチェックしてみたい上級者にとっても大変重宝します。

アルファ・トレードでデモトレードを始める手順を具体的に見ていきましょう。
AlfaTrade_demo01

■デモアカウントを開設する

まずはデモトレード用のアカウントを作りましょう。
トップページ下部にある「デモ口座開設」リンクをクリックすると、申請画面に移行します。
AlfaTrade_demo02

氏名、電話番号、メールアドレスなどの項目を入力して、「登録」ボタンをクリックしてください。
AlfaTrade_demo03

入力に不備が無ければ、「練習口座の開設が完了しました。」というメッセージが表示されるはずです。
AlfaTrade_demo04

これでアルファ・トレードでデモトレードを行う準備が整いました。手続きもきわめてシンプルですし、入金の必要もありません。すぐにデモトレードを始められるのは、大きな魅力と言えるでしょう。

任意の取引プラットフォームにログインする

デモアカウントの開設が完了したら、実際にデモトレードを行ってみましょう。
メッセージ画面のリンクをクリックすると、MetaTrader4のダウンロード画面に移動します。
AlfaTrade_demo05

「DOWNLOAD METATRADER 4」のボタンをクリックして実行ファイルをダウンロードし、画面の指示に従ってインストールしてください。
AlfaTrade_demo06

インストールが完了すると、自動的にMetaTrader4が立ち上がります。デモアカウント開設手続きの際に入力したメールアドレス宛にログイン用の情報が記載されたメールが届いているので、それを参照してログインしましょう。
AlfaTrade_demo07

 

AlfaTrade_demo08

これで、10万USDの軍資金を保有するデモアカウントを使って自由にトレードを行えるようになりました。
AlfaTrade_demo09

アルファ・トレードでデモトレードを行ってみた感想

レバレッジ倍率が200倍、最小取引単位は1万通貨、スプレッドも全体的にやや広めで、トレード条件は思ったより結構シビアな印象を受けました。

しかし、取引ツールの性能や動作性は全く問題ありません。ウェブサイト上にはFXトレーダー向けの学習教材も豊富に用意されているので、初心者の方でも安心して利用できそうです。

また、MetaTrader4以外にも、他のトレーダーの手法を真似ることのできる「ミラートレーダー」やブラウザ上で直接取引できる「ウェブトレーダー」などの取引プラットフォームも用意されています。非常にシンプルなレイアウトで、使いやすさ抜群です。

FXトレード用のツールをダウンロードしたりインストールしたりするのが面倒だという方は、こちらで取引してみてはいかがでしょうか。

↓ウェブトレーダーログイン画面
AlfaTrade_demo10

 

↓ウェブトレーダー管理画面
AlfaTrade_demo11
 



公式サイトへ行く
AlfaTrade(アルファ・トレード)へ口座開設・詳細情報ページへ

Pocket