GEMFOREXのロスカットを徹底解説!強制ロスカットを回避する方法も伝授!

GEMFOREXで取引をしている時、ポジションが強制的に決済されてしまったことはありませんか?

「何が原因で強制決済されたの?」
「もしかしてアカウントを凍結させられる?」

と不安になった方も少なからずいるでしょう。

しかしこれは強制的にロスカットされた可能性が高いです。

そこで今回は、ロスカットとは何か、GEMFOREXのロスカットレート、強制ロスカットを回避する方法などを詳しく説明していきます。

この記事を読めば、ロスカットの基礎知識をしっかりと身につけられ、ロスカットを回避するトレードを実現できるようになるのでぜひ参考にしてください。

まずはロスカットを知る!ロスカットはトレーダーのためのものと心得よう!

ロスカットは、証拠金が一定ラインを下回った際、自動的に強制決済される仕組みのことです。

つまりロスカットが発動すると、現在保有しているポジションが含み損たっぷりの状態で全て決済され、資金が大幅に減少してしまいます。

なぜGEMFOREXをはじめとしたFXにはロスカットが採用されているのでしょうか。

これはレバレッジが大きく関係しています。

海外FX業者はレバレッジ制限がなく、各社がこぞって大きなレバレッジを提供しているのが現状です。

中でもGEMFOREXは最大レバレッジ1,000倍と圧倒的!

少ない証拠金で効率的に資金を増やせるのが強みですが、一方で損失の振り幅も大きくなってしまうため、一気に資金を失いかねません。

確かに、FXでは含み損があったとしても、為替が急激に動き、逆方向に転じて含み益に変わるケースが頻繁に見受けられます。

しかし、もしロスカットがなければ、大きくレートが動き、損失が膨大なものになった際、トレーダーは多額の借金を抱えることになってしまいます。

ハイレバレッジでも借金のリスクを最小限に抑えるために、ロスカットシステムが採用されているというわけです。

GEMFOREXのロスカットレートは20%!証拠金維持率が下回るとロスカットが執行される!

GEMFOREXのロスカットレートは20%に設定されています。

これは他の海外FX業者と比べて標準的な数値です。

ちなみに国内FXは50~100%に設定されていることが多く、GEMFOREXを始めとした海外FXのロスカットレートがどれだけ低いかが伺えます。

ということで、GEMFOREXは証拠金維持率が20%を上回っていればロスカットを受けることはありません。

仮に次の条件で取引するとしましょう。

証拠金:20,000円
レート:1ドル=100円
取引量:1ロット(100,000通貨=100,000ドル=1,000万円)
レバレッジ:1,000倍
必要証拠金:10,000円

証拠金がどれくらい減ったらロスカットになるのか…は次の計算式で求められます。

ロスカットされる証拠金=必要証拠金×ロスカットレート

今回の条件だと

10,000円×20%=2,000円

なので、証拠金が18,000円までの含み損なら耐えられることになります。

含み損が18,000円を超えてしまい、証拠金が2,000円を下回った瞬間、強制的にロスカット!

1ドル=100円の時に買いエントリーを立てている場合、1ドル=100円→1ドル=98.20円まで下落するとロスカットすることになりますね。

GEMFOREXの最大レバレッジである1,000倍をかけていても、証拠金が20,000円あれば、そう簡単にロスカットされる心配はない、という結果になりました。

GEMFOREXの強制ロスカットを防ぐ2つのテクニック!

強制ロスカットを避けるには、証拠金がロスカットレートを下回らないようにすればOKです。

そこで立てられる対策は次の2つ。

  • 証拠金を増やす
  • 早めに損切りする

ここからは各テクニックの詳細をみていきましょう。

証拠金を増やせばより多くの含み損に耐えられる!

先程の例だと、証拠金が20,000円で、含み損は18,000円まで耐えられました。

ではここで証拠金を追加して、合計50,000円まで増やすと…何と含み損は48,000円まで耐えられることになります。

含み損48,000円に至ってしまう前に相場が反転すれば、含み損が減り、ロスカットを回避できるでしょう。

ただし、証拠金を追加したからといって相場が好転するとは限りません。

そのまま含み損がズルズルと増え続けてしまい、結局ロスカット…という可能性も考慮し、

  1. 証拠金を追加するのか
  2. 損切りするのか
  3. ロスカットまで様子を見るのか

を判断しましょう。

GEMFOREXはゼロカットシステムがあるので追証の心配なし!

ゼロカットシステムとは、口座残高以上の損失が発生しても、GEMFOREXが補填・負担してくれるサービスのことです。

従来だと追証が怖くてハイレバレッジの取引を避けるトレーダーがほとんどでした。

しかしゼロカットシステムのおかげで、トレーダーが借金を負うことはなく、口座に入金した額以上の損失を抱えるリスクはなくなっています。

強制ロスカットを回避するために証拠金を増やすのではなく、思い切ってロスカットを受け入れて、追加予定の証拠金を新しい資金として活用することも視野に入れた方が良い結果に繋がります。

早めの損切りを意識して!マージンコールを見逃すべからず!

強制ロスカットを避ける有効な手段の1つは「シンプルに早めの損切りをすること」です。

FXの世界では「損切りが上手いトレーダーほど勝てる」と言われているほど。

初級・中級トレーダーに多く見られるミスが「今を耐えればそのうち相場が好転するはず…!」と待ち続けた結果、ロスカットに…といったもの。

上級トレーダーほど「ダメだな」と感じたポジションは早め早めに損切りをしているものです。

ロスカットになり、全てのポジションが強制的に決済されるよりは、含み損があっても早めに損切りした方が、ダメージは少ないですよね。

ダメージが少なければ、マイナスには違いありませんが、次の投資への余力をより多く残せます。

GEMFOREXをはじめとした海外FXはスキャルピングやデイトレードといった「短期間の取引を重ね、トータルの利益を上げていくスタイル」が主流です。

そのため一時的なマイナスが生じても、トータルで勝てば良い!というスタンスで挑むのが吉。

人によってそれぞれですが、事前に損切りラインを決めておき、状況を問わず、ラインに達した時点で決済する勇気を持つことが成功の秘訣といえるでしょう。

中長期のトレードをメインにしている人は、マージンコールを見逃さないように!

GEMFOREXは証拠金維持率50%になるとマージンコールをしてくれます。

マージンコールとは「証拠金維持率が50%を切りましたよ!」というお知らせですね。

まとめ

今回はGEMFOREXのロスカットの仕組みや強制ロスカットの回避方法などを紹介しました。

最後にもう一度おさらいすると

  • GEMFOREXのロスカットレートは証拠金維持率20%
  • マージンコールは証拠金維持率50%
  • ロスカットを回避するには証拠金を増やすか、早めの損切りを意識することが大事!

の3つが挙げられます。

「ロスカットが怖くてなかなかFXに踏み出せない…」
「GEMFOREXでロスカットを回避するにはどうしたらいいんだろう?」

そんな方は、ぜひこの記事を参考に、強制ロスカットを受けない取引を意識してみてくださいね。

コメント