gemforexのノースプレッド口座を選ぶメリット・デメリットは?スキャルピングメイントレーダー向け口座の実力はいかに!

gemforexは2つのタイプの口座が用意されていて、それぞれ異なる特徴を持っており、どちらの口座を選べば良いか悩んだことはないでしょうか。

「オールインワン口座とノースプレッド口座の違いを知りたい」
「自分に合っているのはどっちなんだろう?」

といった声を耳にする機会も多いです。

そこで今回は、gemforexのノースプレッド口座に焦点を当てて、メリット・デメリット、オールインワン口座との比較ポイント、どんな人におすすめなのかなどを詳しく紹介していきます。

この記事を読めば、ノースプレッド口座を使ったスプレッドによるコストを低く抑える取引を実現できるようになるので、ぜひ参考にしてください。

gemforexのノースプレッド口座の概要・特徴、オールインワン口座との違いのまとめ

まずはノースプレッド口座とオールインワン口座の違いをみていきましょう。

比較ポイントをまとめると次の表のようになります。

口座タイプ ノースプレッド口座 オールインワン口座
初期預託金 30万円~ 100円~
最大レバレッジ 1,000倍 1,000倍
米ドル円のスプレッド 0.0pips~ 1.2pips~
注意事項 EA、ミラートレード、ボーナス利用不可 特に利用制限なし

ここからは各ポイントの詳細についてみていきましょう。

スプレッドは最低0.0pips!平均でも0.3pipsと業界最低水準

最大の特徴は何と言っても主要通貨ペアのスプレッドが低く抑えられている点です。

米ドル円なら最低0.0pipsとなり、平均スプレッドは0.2~0.3pips程度に抑えられています。

一方のオールインワン口座ノースプレッドは1.2pipsとなっています。

単純にスプレッドだけで比較すれば、オールインワン口座の方が優秀といえるでしょう。

どちらも国内のFX業者のスプレッドと比較すると破格ともいえる設定ですよね。

gemforexのノースプレッド口座は低スプレッド・手数料無料の太っ腹!

他海外FX業者にも同様に低スプレッド口座が用意されていますが、スプレッドとは別に手数料が発生するのがほとんどです。

しかしgemforexのノースプレッド口座はどれだけ取引しても手数料が無料となっているため、シンプルに取引コストを抑えたトレードを行えるのが大きな魅力となっています。

日本人トレーダーから特に人気の高い海外FX業者の低スプレッド口座のスペックを比較すると次の表のようになります。

業者名  gemforex XM TitanFX axiory
平均pips 0.3 0.1 0.33 0.3
手数料(pips) なし 1 0.7 0.6
実質スプレッド 0.3 1.1 1.03 0.9

スプレッドのみで比較するとXMが最も低く設定されていますが、手数料を含めた「実質スプレッド」では圧倒的にgemforexが安くなっています。

gemforexのノースプレッド口座にかかるコストの目安はどれくらい?

上記したように、ノースプレッド口座の平均スプレッドは0.3pipsで、しかも手数料は無料です。

米ドル円の場合、1pips=0.01円なので、0.3pips=0.003円のコストがかかる、ということに。

仮に1ロット(10万通貨)を取引すると…

003円×10万通貨=300円

300円の取引コストが発生する、となりますね。

gemforexと同様に日本人トレーダーから絶大な支持を集めている「XM」の実質スプレッドは1.1pipsで、仮に1ロットを取引すると…

011円×10万通貨=1,100円

となります。

同じ低スプレッド口座ですが、1ロットあたりの取引コストは何と700円もの差が!

短期間で何度も繰り返し取引を行うスキャルピングやデイトレードをメインにしている人にとって、このコスト差はかなり大きなものとなってくるでしょう。

最大レバレッジ1,000倍!他業者と比較しても圧倒的な倍率

gemforexのノースプレッドの最大レバレッジは1,000倍となっています。

人気の高い主要低スプレッド口座のレバレッジを比較すると次の表のとおり。

業者名  gemforex XM TitanFX axiory
最大レバレッジ 1,000倍 500倍 500倍 400倍
レバレッジ制限 200万円~:500倍 200万円~:200倍
1,000万円~:100倍
なし 1,000万円~:300倍
2,000万円~:200倍

このように、gemforexの最大レバレッジは他業者の群を抜いて高く設定されています。

他のハイレバレッジを売りにしている業者と比べても圧倒的な数値となっていて、少ない資金で、より大きな取引が可能です。

レバレッジ制限とは?

レバレッジ制限は口座残高に応じて最大レバレッジが引き下げられる制度のことです。

gemforexもレバレッジ制限を設けていて、口座残高が200万円を超えると最大レバレッジが500倍となります。

制限がかかったレバレッジで他業者の最大レバレッジと同程度と考えると、どれだけレバレッジが優遇されているかが分かりますね。

初期預託金が30万円~と初心者トレーダーには厳しい設定

オールインワン口座の初期預託金が100円と、誰でも始められる値段に設定されているだけに、ノースプレッド口座の30万円がより大きく感じられます。

正直最初から30万円を入れられる人はかなり限られているため、これは大きなデメリットと言わざるを得ません。

資金に余裕のある人や、プロトレーダー向けの口座と認識しましょう。

他のFX業者と比べても、gemforexの初期預託金の設定はかなり大きいのが分かります。

業者名 初期預託金
gemforex 300,000円
XM 10,000円
TitanFX 20,000円
axiory 20,000円

もちろん最初はオールインワン口座で資金を作って、30万円以上になったらノースプレッド口座に移行する、といった方法を選べるので、それを目標にするのも良いですね。

自動売買(EA)、ボーナス、キャンペーンの対象外なので注意

gemforexは豊富なボーナスやキャンペーンを打ち出していることで有名なFX業者です。

レギュラーキャンペーンに次の3つが挙げられます。

  • 口座開設ボーナス
  • 100%入金ボーナス
  • 友達紹介キャンペーン

残念ながらノースプレッド口座はこれらのボーナス・キャンペーンの恩恵を受けられません。

さらにEA・ミラートレードの利用も不可。

つまり裁量トレード専用の口座ということになります。

EAやボーナスを目当てに取引を考えている人はオールインワン口座を選ぶようにしましょう。

ノースプレッド口座はどんな人におすすめ?

ここまでに紹介したgemforexのオールインワン口座とノースプレッド口座それぞれの特徴を踏まえると、各口座タイプにマッチするのは次の人たちです。

【ノースプレッド口座】

  • スキャルピングなど裁量トレードをメインに取引する
  • 取引コストは少なければ少ないほど良い
  • ある程度の資金を用意することができる
  • 比較的プロトレーダー向け

【オールインワン口座】

  • EA(自動売買)やミラートレードをメインに取引する
  • あまり多くの資金を用意することができない
  • 比較的兼業トレーダー(サラリーマンなど)向け

ご自身の取引スタイルをよく考えた上で、自分にマッチする口座を選ぶようにしましょう。

gemforexのノースプレッド口座は他社低スプレッド口座と比べてどうなのか?

ここまでにもいくつかgemforexと他社の比較ポイントを挙げましたが、より具体的に比較してみましょう。

業者名  gemforex XM TitanFX axiory
平均pips 0.3 0.1 0.33 0.3
手数料(pips) なし 1 0.7 0.6
実質スプレッド 0.3 1.1 1.03 0.9
ボーナスの有無 × × ×
初期預託金 300,000 10,000 20,000 20,000
EA利用 × ×
最大レバレッジ(倍) 1,000 500 500 400

このように、スプレッドに関しては文句なしにgemforexが優秀です。

ただし初期預託金の金額が大きすぎること、ボーナスやEA(自動売買)が利用できないのがネックといえるでしょう。

とはいえ裁量トレードをメインに考えている人にとって、EA利用不可は大したデメリットではありません。

ボーナスやキャンペーンに関しても、XM以外は基本的に利用不可となっています。

総合して判断すると、コスト重視で選ぶならgemforexのノースプレッド口座が最も優れていると言って良いでしょう。

まとめ

今回はgemforexのノースプレッド口座の特徴やメリット・デメリット、他社低スプレッド口座との比較などを紹介しました。

最後にもう一度ポイントをおさらいすると

  • 最低0.0pips、平均0.3pipsでしかも取引手数料無料!
  • 他社低スプレッド口座と比較しても圧倒的なパフォーマンスの高さ!
  • EA、ミラートレード、ボーナス、キャンペーンは利用不可なので注意!

の3つが挙げられます。

「できるだけ取引コストを安く抑えたいんだけど」
「スキャルピングメインの取引を考えている」

といった方は、ぜひこの記事を参考にして、gemforexのノースプレッド口座で取引することを検討してみてはいかがでしょうか。

コメント