gemforexはスワップポイントで安定的な利益が期待できる!?金利生活も夢じゃない!

スプレッドの狭さに定評のあるgemforexですが、スワップポイントの面でも注目を集めており、気になっている方もいらっしゃるでしょう。

「どうしてgemforexのスワップポイントが人気なの?」
「具体的に何が良くて、どれくらい稼げるの?」

といった声を耳にする機会も多いです。

そこで今回はgemforexのスワップポイントの仕組みや稼ぐための手法、注意点などを詳しく解説していきます。

この記事を読むことで、gemforexのスワップポイントで安定的な利益を上げるチャンスが広がるのでぜひ参考にしてください。

【おさらい】スワップポイントは金利差で生じる利益のこと

まずはスワップポイントについておさらいしていきましょう。

スワップポイントは取引する通貨ペアの金利差を数値化したものです。

例えばFXの定番である「米ドル/円」で考えてみましょう。

各通貨にはそれぞれ金利が設定されています。

例として次の金利が設定されているとしましょう。

米ドル:2.5%
日本円:0.1%

この場合だと、日本円は1年間で0.1%の金利しか受け取ることができません。

しかし米ドルは年間2.5%の金利を受け取ることができます。

では円を売り、米ドルを買うとどうなるのか…と言えば、金利差分が付与されます。

このケースで言えば、0.1%の日本円を売り、2.5%の米ドルを購入することになるため、差分は2.4%。

つまり2.4%分のスワップポイントを受け取ることができる、という仕組みになります。

逆に日本円を買い、米ドルを売った場合は0.1%-2.5%=-2.4%…つまり2.4%分のスワップポイントを支払わなければなりません。

このように、スワップポイントは所有しているポジションによって利益を得ることもできますし、損失が生まれる可能性もあります。

当然、金利差の大きな通貨ペアを保有していれば、それだけスワップポイントが大きくなっていくため、狙い目です。

gemforexのスワップポイントの概要を徹底解説!

スワップポイントの基本的な内容がわかったところで、次はgemforexのスワップポイントについて解説していきます。

注目したいポイントは次の3つです。

  • リアルタイムのスワップポイントをチェックする方法
  • 計算方法
  • 反映される時間

それでは各ポイントの詳細を見ていきましょう。

gemforexのスワップポイントを確認する方法

スワップポイントは毎日変動します。

そのため、スワップポイントで利益をあげたい人は、できるだけ毎日gemforexの公式ホームページからチェックしましょう。

【gemforex各通貨スワップポイント一覧】
https://gforex.asia/tradecondition/fx/swap.php

なお一例として、2019年11月7日現在のスワップポイント一覧も紹介しておきます。

通貨ペア Swap Long Swap Short
ASXAUD -0.92 -0.11
AUDCAD 1.36 -7.84
AUDCHF 2.16 -10.34
AUDJPY 2.22 -8.38
AUDNZD -8.09 -0.19
AUDUSD 1.63 -6.37
BRTGBP 0 0
CACEUR -0.38 -0.51
CADJPY -0.8 -5.1
CHFJPY -8.93 -3.43
DAXEUR -0.87 -1.17
DOWUSD -3.66 -0.8
ESXEUR -0.24 -0.32
EURAUD -14.92 5.08
EURCAD -7.73 -0.8
EURCHF -2.97 -8.27
EURGBP -3.64 -0.44
EURJPY -1.5 -1.2
EURNZD -20.8 12.3
EURUSD 0.247 0.253
EURZAR -324.11 181.1
FTXGBP -0.75 -0.47
GBPAUD -17.38 3.22
GBPCAD -6.69 -6.69
GBPCHF -1.29 -13.09
GBPJPY 0.14 -3.78
GBPNZD -27.3 12.7
GBPUSD -1.9 -4.5
HSXHKD -3.77 -0.89
JPXJPY -1.94 -2.04
NASUSD -1.04 -0.23
NZDJPY 5.81 -11.7
NZDUSD 3.62 -8.18
S&PUSD -0.4 -0.09
USDCAD -5.2 -3.2
USDCHF -1.28 -7.58
USDCNH -6 0
USDHKD 0.9 1.48
USDJPY 0.213 0.287
USDMXN -196.74 33.29
USDSGD -13.07 -6.97
USDTRY -65.9 30.8
USDZAR 1 1.21
WTIUSD 0 0
XAGUSD -4.68 -0.23
XAUUSD -2.17 -1.04
ZARJPY -2.3 -2.3

※2019/11/07 13:13 時点

なお、公式ホームページで公開されているスワップポイントは若干のタイムラグがあり、リアルタイムで表示されているわけではありません。

そのため、目安としてチェックする分には良いのですが、取引の際の判断はリアルタイム表示されるMT4で確認することをおすすめします。

PC版MT4:気配値表示→チェックしたい通貨ペアを右クリック→仕様→スワップの確認
スマホ版MT4:気配値→詳細モード→通貨ペアを選択→詳細→取引条件の詳細が表示

利用しているデバイスに合わせて、リアルタイムのスワップポイントをすぐに確認できるよう、普段から心がけておくと良いですね。

gemforexのスワップポイントの計算方法

gemforexの公式ホームページに記載されているスワップポイントの計算式は次のとおりです。

<-- 引用 -->
100,000×通貨量(ロット)×最小ポイント数×金利率×換算レート

仮に米ドル/円の買い(ロング)を1ロット保有しているとしましょう。

上記に記載した米ドル/円のスワップポイントを参照します。

USDJPY:0.21300(ロング)

また換算レートは2019年11月7日現在の「108.73円」で計算します。

これらの数値を式に当てはめると…

100,000×1(ロット)×0.00001(最小ポイント数)×0.213(金利率)×108.73(換算レート)=23.15949円

つまり、1日あたり23円のスワップポイントがもらえることになります。

仮にスワップポイントや換算レートに変動がなければ…

1週間:162円
1ヶ月:694円
1年:8,453円

という数値に!

米ドル/円が108.73円のときに1ロット(10万通貨)を買うと、1,087万3,000円が必要になるため、イマイチ現実的ではありません。

しかしgemforexは証拠金10,000円で1,000万円分のポジションを持つことができる(レバレッジ1,000倍)ため、10,000円を預けておけば、年間8,453円のスワップポイントがもらえることになります。

とはいえスワップポイントだけでなく、通貨ペアの為替差益が変動し続けるため、実際にはここまで上手くいくとは限りません。

gemforexのスワップはいつ反映される?

gemforexのスワップが反映されるのは、サーバー時間0:00となっています。

日本時間だと朝7:00です。

なおサマータイム時は朝6:00となるため注意してください。

gemforexは土日のFXが閉場している分のスワップが、土曜日サーバー時間0:00に「金曜日+土日の合計3日分」を反映させています。

gemforexのスワップポイントが注目される最大の理由は「両建て」が美味しいから!

両建ては、売りと買いのポジションを両方1度に持つことです。

同じ通貨ペアに対して売りと買いの反対注文を入れるため、為替レートがあがろうが、下がろうが、お互いの損益を相殺することができます。

gemforexは両建て(アービトラージ)を使ったスワップポイント稼ぎができる数少ない海外FX業者の1つです。

ここからはgemforexの両建てを使った、スワップポイントの稼ぎ方について紹介していきます。

両建スワップポイントをプラスにできるのはgemforexのみ!

他のFX業者でも両建てに対応しているところがいくつかあります。

しかしほとんどの業者はどちらかのスワップポイントがマイナスになっているため、両建てで稼ぐのは難しいです。

ところが、gemforexは買い・売りのどちらのスワップにもプラスになる通貨ペアが用意されているため、両建てでスワップポイントを稼げるようになっています。

これが選ばれている大きな理由の1つですね。

gemforexと他社FX業者の両建てスワップポイントを比較!

実際に他社との両建てスワップポイントを比較した表をみてみましょう。

ここでは2019年11月7日現在の米ドル/円を紹介します。

  買いスワップ 売りスワップ 両建て
gemforex 0.213 0.287 0.5
XM 3.09 -9.01 -5.92
axiory -0.26 -2.83 -3.09
Titan FX 2.94 -9.04 -6.1

このように「gemforexのみ」両建てスワップポイントで利益を得られることが分かります。

両建てを行えば、為替レートに影響されることなく、ノーリスクでスワップポイントを獲得することができ、まさに「裏技的」な活用方法ですね!

米ドル/円以外にも両建てスワップポイントがプラスになる通貨ペアはある?

2019年11月7日現在、次の4つの通貨ペアが両建てスワップポイントに対応しています。

通貨ペア ロング ショート
EURUSD 0.247 0.253
USDHKD 0.9 1.48
USDJPY 0.213 0.287
USDZAR 1 1.21

中でも特に安定性に定評のある「米ドル/円」「ユーロ/米ドル」は安心して選べますね。

gemforexの両建てスワップポイントでどれくらい稼げる?

今回は米ドル/円で1ロット(10万通貨)を両建てしたケースで考えていきます。

買い・売りの合計スワップポイントは「0.5」、換算レートは108.73に設定すると…

100,000×1(ロット)×0.00001(最小ポイント数)×0.5(金利率)×108.73(換算レート)=54.365円

なんと1日あたり54円のスワップポイントを稼ぐことができます。

変動がなければ…

1週間:380円
1ヶ月:1630円
1年:19,843円

と素晴らしい数値となりました。

トレードで得られる金額と比べれば少なく感じられますが、これを長期的・安定的に稼げると考えれば、非常に強力なテクニックで間違いありません。

スワップポイントでより多く稼ぐには高ロットが有効

スワップポイントの金額を伸ばしたければ、保有数をより増やし、高ロットを目指せばOKです。

ここまでに紹介した数値は1ロットを保有していたケースでしたが、仮に10ロット(100万通貨)を保有していれば、スワップポイントで得られる利益も10倍になります。

とはいえレバレッジを使わなければ現実的とは言えないので、上手く活用したいところ。

幸いgemforexは最大レバレッジ1,000倍の業界最大水準なので、十分狙っていけます。

gemforexのキャンペーンを有効活用して証拠金を一気に獲得!

gemforexは次の2つのお得なボーナスキャンペーンを実施しています。

  • 新規口座開設ボーナス(最大10,000円分)
  • 入金ボーナス(入金額の200%)

もしも新規口座開設と入金10万円をすれば…

10,000円(新規口座開設)+入金10万円+20万円(入金200%ボーナス)=31万円

と、あっという間にまとまった証拠金を手に入れるチャンス!

高ロットになるほどスワップポイントが増える仕組み上、これを使わない手はありませんね。

gemforexのボーナスについては以下のページで詳しく解説しているので、ぜひチェックしてみてください。
※ページがあればリンク

gemforexの両建てスワップポイントに選びたい通貨ペアは米ドル/円で決まり!

スワップポイントの高いマイナー銘柄(米ドル/香港ドル、米ドル/南アフリカランド)を選んでも良いのですが、安定性やスプレッドのことを考えると、米ドル/円を選ぶのがおすすめです。

その最大の理由が、gemforexは米ドル/円のみ「原則固定スプレッド(1.2pips)」を採用している点にあります。

急激な価格変動が起きてしまうと、変動スプレッドだと大きな広がりを見せることがあり、ときには100pips以上広がることも…。

長期的に安定して稼ぐことを第一とする両建てスワップポイントにおいて、変動スプレッドはリスクが高く、これがマイナー銘柄になると、さらにリスキーです。

仮に1ロットのポジションを持っていて、大きな価格変動が原因で100pips以上のスプレッドが広がると、10万円程度の損失が生まれることになりかねません。

これを避けるためには、次の2つの条件を満たしている米ドル/円がベストチョイス。

  • 固定スプレッド(原則1.2pips)
  • 信頼性の高い通貨同士

ここからは実施に米ドル/円の両建てをした場合の具体的な運用プランについて考えてみましょう。

まずはスプレッド分のコストを計算してみよう!

両建て時にかかるスプレッドのコストは「エントリー時+エグジット時」です。

どちらも固定スプレッド1.2pipsなので、合計2.4pipsがコストとなります。

1ロットあたり10万通貨なので、コストは2.4pips×10万=2,400円となりました。

1日54円のスワップポイントでコストを回収するには45日保有する!

上記した「gemforexの両建てスワップポイントでどれくらい稼げる?」で紹介した条件で考えると、1日にもらえるスワップポイントは54円。

スプレッド分のコストを回収するには、2,400円÷54円=44.4日、つまり45日以上ポジションを保有していればOKです。

保有期間ごとの利益をざっくりとまとめると…

50日:300円
100日:3,000円
200日:6,000円
365日:17,310円

1年間保有していれば、およそ2万円近い利益が出るのは素晴らしいですね。

スプレッドが大きく広がってしまったときの対処法は「証拠金を増やす」

gemforexの米ドル/円は1.2pipsで原則固定だと紹介しました。

しかし「原則固定」なので、大暴落が起こればその限りではありません。

実際、過去に153pipsまで広がったこともありました(2019年1月3日のフラッシュ・クラッシュ)。

もしも両建てしていれば…

2pips(エントリー)+153pips(エグジット)=154.2pips

2pips×100,000(1ロット)=15.42万円

1ロットを保有していると、スプレッドだけでこんなにもコストが発生してしまいます。

仮に証拠金10万円、レバレッジ100倍で運用していたとしても、スプレッドの拡大が原因で強制ロスカットを受けることに。

より少ない証拠金で、大きなレバレッジをかけている人は、あっという間にロスカットです。

しかし言い換えれば、証拠金が15.42万円を超えていれば、今回のフラッシュ・クラッシュレベルのトラブルが起こっても耐えられるとも言えます。

安定した両建てを目指すなら、証拠金20万円を準備しておけば、ひとまず安心できると考えて良いですね。

gemforexは最大1,000倍のハイレバレッジが魅力の1つですが、スワップポイント狙いなら、あまりレバレッジに頼らず、証拠金をしっかりと確保する方が安定します。

スワップポイントだけを出金することはできない!

gemforexはポジション保有中に出金・資金移動ができません。

そのためポジションを全て決済してから出金する必要があります。

ここで注意したいのが、1度出金すると、ボーナス金額が口座からなくなり、0になってしまう点です。

ボーナスを上手く活用して証拠金を増やし、ハイレバレッジでスワップポイントを狙う人は忘れないようにしてください。

どのタイミングで決済するのがベスト?両建てだからいつでもOK!

中長期に渡って保有しつづけ、コツコツと貯めたスワップポイント。

出金するには決済しなくてはならず「いつ決済すれば良いんだ…」と悩む方も大勢いらっしゃいます。

gemforexの強みは相場に左右されない両建てができること!

そのため、他社のように「相場が上がったタイミングで決済しなきゃ…」と頭を抱える必要はありません。

改めて、とんでもなくユーザー有利なサービスだと言えますね。

まとめ

今回はgemforexの魅力的なスワップポイントや両建ての解説、稼ぎ方などを紹介しました。

最後にポイントをおさらいすると

  • gemforexは両建てでスワップポイントがプラスになる通貨ペアがある!
  • 為替レートを気にすることなくスワップポイントを稼げる!
  • 最大レバレッジ1,000倍の強みを活かして、少ない証拠金から始められる!

の3つが挙げられます。

「スワップポイントで長期的・安定的に稼ぎたい」
「為替レートに影響されたくない…」

そんな方は、この記事を参考に、gemforexでスワップポイント狙いの運用方法を試してみてはいかがでしょうか。

コメント