gemforexの無料VPSは使える?自動売買を考えている人はVPSを導入しよう!

gemforexのメインプラットフォームであるMT4はEA(自動売買)に対応しています。

そこで活躍してくれるのがVPSです。

しかしVPSは有料のものが多く、できるだけコストを抑えて運用したい人にとっては悩みどころではないでしょうか。

「gemforexってVPSに対応しているの?」
「gemforexのVPSが無料って本当?」

と気になっている方の声もよく耳にします。

そこで今回は、gemforexが無料で提供しているVPSのスペックや利用条件、その他のVPSサービスなどを詳しく紹介。

この記事を読めば、gemforexの無料VPSやその他のVPSを使って安定したEA利用ができるようになるので、ぜひ参考にしてください。

MT4のEAと相性抜群のVPSとはどんなサービス?

VPSは「バーチャル・プライベート・サーバー」の略で、1つの共用サーバーを複数のユーザーが共有して利用するサービスになります。

各VPS業者が用意しているサーバー上に自分専用の仮想デスクトップを設置することができる、というわけです。

VPSを契約して、VPS上にMT4を設置・稼動させることで、24時間常にMT4を使った取引を行うことが可能となります。

VPSを使わない場合は自宅のパソコンを24時間フル稼働させ続けなくてはならず、PCの消耗、電気代、電源を付けっぱなしにすることによって起こる様々なトラブル(火災など)のリスクが生じますよね。

また地震や停電などで思わぬタイミングでPCが落ちてしまい「肝心な時に取引ができなかった…」といったケースも考えられます。

VPSを利用すれば、これらのトラブルも回避することができ、常に安心してMT4を稼働し続けられるのが最大のメリットです。

gemforexはVPSの利用に対応しているため、MT4でEAを稼働させる自動売買トレーダーにとって安心して利用できる海外FX業者といえるでしょう。

VPSを利用する2つのメリット

VPSを利用することで得られるメリットには次の2つが挙げられます。

  • 常に安定した自動売買を実現
  • ハイスペックなPCを持っていなくても大丈夫
  • Macユーザーも安心

それぞれメリットの内容をみてみましょう。

VPS導入で安定性が大幅アップ!

上記したように、自宅のPCでは24時間常に稼動させ続けるのが難しい状況もありますが、VPSを導入することで、気兼ねなくフル稼働させ続けられるようになります。

またMT4で取引する際は「回線速度」も気にしなくてはなりません。

地方やマンションにお住まいの方だと、十分な回線速度を確保することができず、スリッページや発注・決済のラグに見舞われる可能性も。

しかしVPSは回線速度が優秀なものがほとんどで、多くの場合自宅のPCよりも回線速度を安定させられます。

FX取引における約定力の高さは重要な指標となるため、これを改善するためにVPSを導入している方も少なくありません。

トレードを行う上で良い環境が整っているため、VPSを導入することで安定感のある取引を実現できるのがメリットです。

ハイスペックなPC不要!わざわざ購入する必要はなし!

MT4自体はさほどマシンスペックを要求されませんが、高度なプログラミングが組み込まれているEAを利用する場合、思うように稼働させられないケースも考えられます。

同時にチャートなどを起動すると、PCによってはまともに動かないことも。

VPSは共用サーバーを介してMT4を稼働させるため、自身が持っているPCのスペックに左右されません。

そのためわざわざトレード用に新しいPCを購入する必要がなく、普段使っている、ネット用のPCなどでも十分MT4を使った取引が可能となります。

MacユーザーもVPSが利用可能!VPSの利用を推奨!

自宅にMacのPCしかない方はぜひVPSの利用を検討してみてください。

MT4をはじめとしたほとんどのFXトレーディングツールはWindowsを対象に開発されているものばかりです。

Mac上で仮想領域を作り、仮想Windowsとして無理やりプログラムを動かすこともできますが、負担が大きい上に、PCに関する知識がなければ難しいですよね。

VPSを使えば、自宅にWindows環境がない方でも手軽にMT4を使った自動売買を行えるようになります。

VPSを利用する唯一のデメリットは月額料金がかかること

VPSの唯一のデメリットを挙げるなら、月々の利用料金を支払わなくてはならない点にあります。

安いプランだと月額2,000円くらい、プロ向けの高額なプランになってくると、月額5,000円近くかかってくることも。

これらのコストをしっかりと稼げる人なら問題ありませんが、うまく収益が上がらない人にとってVPSの月額料金がネックになってくるケースが考えられます。

詳しくは後述しますが、無料で利用できるVPSもあるので、余計なコストをかけたくない方は検討してみましょう。

gemforexが無料で提供しているVPSのスペックや利用条件をチェックしてみよう!

gemforexはMT4向けのVPS無料サービスを提供しています。

ただしこちらは利用条件が決められていて、それをクリアした場合のみ利用可能です。

ここからは利用条件やVPSのスペックなどをみていきましょう。

gemforexの無料VPSの利用条件は最低口座残高50万円以上

gemforexが提供している無料のVPSを利用するためには、最低口座残高が50万円以上(5,000ドル以上)となっています。

こちらはボーナスを含まない口座残高になっているので注意してください。

また、1つのアカウントでの合計金額が50万円以上ならOKなので、gemforexで複数の口座を開設していても、合算して50万円以上になっていれば無料となります。

なお口座残高50万円に満たない場合でも、月々28ドルの手数料で利用することが可能です。

仮に最初は口座残高50万円以上で、無料VPSを契約している最中に口座残高が50万円を切ってしまった場合は、月々28ドルの手数料が発生する場合があるので注意してください。

その際の課金されるタイミングは月末時点(日本時間0時)となります。

VPSのスペックは?

無料で提供されているということもあり、スペックは必要最低限にまとめられています。
詳しくは次の表のとおりです。

OS Windows2012
CPU Core 2.4GHz
メモリ 1GB
MT4インストール可能数 1つ

利用するEAにもよりますが、目安は1つの稼働になるでしょう。

複雑なプログラムのEAや、同時にインジケータなどを利用する場合は動作が不安定になる可能性が考えられます。

とはいえ、無料のVPSだからといって、有料のものよりもサービスの質が劣るということはないので安心してください。

用意されているスペックが必要最低限なだけであり、内容としては有料で提供されているものと変わりません。

複数のEAやMT4を使いたい、インジケータを沢山使いたい…といった方は多少月額がかかってきますが、有料のもっとハイスペックなVPSを選べばOKです。

VPSの設定の手順・方法

VPSの設定の仕方はとても簡単です。

契約しているVPSサービスのサーバーに自宅のPCから接続するだけでOK。

その際はWindowsに標準搭載されている「リモートデスクトップ接続」というソフトを利用します。

  1. Windowsボタンをクリック
  2. Windowsアクセサリ
  3. リモートデスクトップ接続を選択

の順でクリックしていきましょう。
起動手順
 
 
 

リモートデスクトップ接続を起動させたら「オプションの表示」を選択します。

「オプションの表示」を選択
 
 
 

あとは「全般タブ」にある「コンピューター」「ユーザー名」のところに必要な情報を記入していけばOKです。

コンピューター : IPアドレス
ユーザー名 : administrator

情報を記入
 
 
 

なお画面下部にある「名前を付けて保存」を選択しておけば、デスクトップ上など任意の場所にスタンリモートデスクトップ接続のショートカットを保存することが可能で便利なので、ぜひ活用してください。

ショートカットが生成
 
 
 

gemforexのマイページからVPSの申込を済ませれば、提供会社であるMerric Mirror Hosting.Incから利用方法などに関する連絡が来るので、そちらの手順に沿って進めていけばOKです。

VPSの有料プランの申込
 
 
 

gemforex以外のVPSサービスを利用する際も、基本的に同様の手順で進めていきます。

契約時に発行されたIPアドレスやユーザー名をきちんと保管しておくようにしましょう。

あとはVPS上にMT4のインストールファイルを移動させ、インストールすることでMT4が使えるようになります。

有料のVPSサービスでおすすめなのはどれ?

gemforexが提供しているVPSサービスでは満足できない!という方は、有料のVPSサービスの利用を検討してみましょう。

おすすめなのは次の2社です。

  • お名前.comデスクトップクラウド
  • VULTR

それでは各社の簡単な説明をしていきます。

お名前.comデスクトップクラウド

国内で運営されているVPSサービスで、手頃な価格で気軽に利用できるのがメリットです。

最初からMT4がインストールされているため、すぐに使い始められるのもおすすめポイントの1つ。

用意されているプランは次の表のとおりとなります。

プラン 1GBプラン 1.5GBプラン 2GBプラン 4GBプラン 8GBプラン
初期費用 無料 無料 無料 無料 無料
1ヶ月契約 2,400円 2,950円 4,660円 6,500円 14,000円
6ヶ月契約 13,680円
(2,280円/月)
15,930円
(2,655円/月)
26,520円
(4,420円/月)
37,050円
(6,175円/月)
79,800円
(13,300円/月)
12ヶ月契約 25,920円
(2,160円/月)
28,320円
(2,360円/月)
50,280円
(4,190円/月)
70,200円
(5,850円/月)
151,200円
(12,600円/月)
メモリ 1GB 1.5GB 2GB 4GB 8GB
SSD容量 50GB 50GB 100GB 100GB 200GB
MT4推奨個数 1 2 3 4 8
回線速度 10Gbps 10Gbps 10Gbps 10Gbps 10Gbps

最も安いプランなら、スペック的にはgemforexの無料VPSとほぼ同等となっています。

また注目すべきは、頻繁にキャンペーンを行っている点です。

キャンペーンをうまく活用すれば、VPSにかかるコストを大幅に削減することが可能。

例えば2020年2月28日まで開催されていた「FXトレーダー応援キャンペーン!」は…

プラン名 1.5GB 2GB 4GB 8GB
通常価格(1ヶ月契約) 2,950円 4,660円 6,500円 14,000円
キャンペーン価格(1ヶ月契約) 1,200円 1,440円 2,390円 3,390円

といった内容で提供されていました。

お得なキャンペーンが開催されていないかぜひチェックしてみてくださいね。

VULTR

VULTR(ヴァルチャー)は海外で運営されているVPSサービスで、日本語非対応となっています。
そのため、ある程度の英語力が必要。

しかし機能性の高さとリーズナブルな料金設定が魅力となっており、国内トレーダーの利用者も多いです。

実に様々なプランが用意されているのですが、gemforexのMT4にマッチするプランを挙げると次の3つが代表的。

サーバー容量 40GB 60GB 100GB
月額料金 10ドル 20ドル 40ドル
Windowsオプション 16ドル 16ドル 16ドル
合計月額 26ドル 36ドル 56ドル
CPU 1 2 4
メモリ 2,048MB(2GB) 4,096MB(4GB) 8,192MB(8GB)

最もリーズナブルなプランで月額26ドル(ドル円110円なら2,860円)程度とコストが抑えられているのが嬉しいですね。

英語が必要なことはデメリットとなりますが、約定力の高さや快適な動作は絶大なメリットとなってくれるため、候補の1つに入れておきたいVPSといえます。

まとめ

今回はgemforexの無料VPSの説明や利用条件、使い始めるまでの流れなどを紹介しました。

最後にもう一度ポイントをさらいすると

  • VPSを使えば24時間365日いつでもMT4でEAを稼働し続けられる
  • 口座残高50万円以上ならgemforexの無料VPSが利用できる
  • 有料VPSは安いもので2,000円台、高いものだと5,000円クラスの月額が必要

の3つが挙げられます。

「MT4の自動売買をメインとしたトレードを考えている」
「自宅のPCをつけっ放しにしておくのは気が引ける」

といった方はぜひ今回の記事を参考にして、gemforexの無料VPSや、他社の有料VPSの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

コメント