LANDFXのロスカット水準は30%!追証や証拠金維持率を解説

LANDFXで取引するにあたって気になるのが

「追証は発生するのか?」
「ロスカット水準はどれくらいなのか?」

という点です。

これらをしっかりと把握していないと、万が一大幅なマイナスになったとき、トレーダーが不利になってしまうケースが考えられます。

そこで今回はLANDFXのロスカット水準、追証の有無、証拠金維持率の仕組みなどを詳しく解説していきましょう。

この記事を読めば、LANDFXの追証、ロスカット、証拠金維持率を把握することができ、さらなる利益獲得につながっていくので、ぜひ参考にしてくださいね。

LANDFXのロスカット水準は30%、マージンコールは50%

LANDFXのロスカット、マージンコール水準は次のようになっています。

ロスカット 証拠金維持率30%以下
マージンコール 証拠金維持率50%以下

これらの証拠金維持率を下回ると、ロスカット・マージンコールが発動する仕組みです。

ロスカット・マージンコールが発動する仕組み
 

マージンコールとは?

マージンコールは証拠金維持率が50%を下回った際、LANDFXから警告が発せられる仕組みのことです。

「このままでは損失が大きくなりすぎて、口座残高が不足してしまいますよ」
「状況がさらに悪くなると、ロスカットが発動しますよ」

とお知らせしてくれるサービスだと考えれば分かりやすいでしょう。

LANDFXはいきなりロスカットが実行されるのではなく、まずはマージンコールを挟んでから行われるようになっています。

ロスカットとは?

ロスカットは設定された証拠金維持率を割り込んだ時点で、ポジションを自動的に強制決済する仕組みのことを言います。

なお強制決済される優先順位は、損失が大きなポジションから順に実行。

ロスカットによって口座残高が不足する自体を回避でき、トレーダーの極端な損失を抑えることができます。

ロスカットが発動すると、保有しているポジションを強制的に決済されてしまうため、トレードスタイルによっては不利に働く可能性が出てきます。

例えば「今はマイナスが大きく膨らんでいるけれど、しばらく待てばレートがもとに戻り、利益が生まれるかもしれない…」といった状況で、もう少し粘りたいのに決済されてしまうことも考えられるわけです。

他の海外FX業者のロスカットレベルと比較

LANDFXと、他の海外FX業者のロスカット水準を比較すると次のようになります。

業者名 ロスカットライン
LANDFX 30%
XM 20%
AXIORY 20%

多くの海外FX業者がロスカット水準を20%に設定している中、LANDFXは少々高めの30%になっていることが分かります。

なお国内FX業者だと、多くが50%または100%を設定しているため、これらと比べれば低めの水準ですね。

ロスカットレベルの高低がトレードに与える影響

ロスカット水準が高いほど、保有ポジションの含み損が増えたとき、強制決済されやすくなります。

逆にロスカットレベルが低いほど、多少の含み損が出ても強制決済されることなく様子を見ることができることに。

そのため、含み損が出ても状況が好転するまで耐えたい、強気なトレードスタイルの人にとって、FX業者のロスカット水準の高低は重要なポイントの1つと言えるでしょう。

LANDFXは追証のリスクが無い

国内FX業者だと、ロスカットが間に合わず、口座残高がマイナスになってしまった場合「追証」が発生してしまいます。

要は「借金を抱えている状態だから、マイナス分をきっちりと払ってもらう」のが追証です。

場合によっては追証で大きな支払いが生じることもあり、そういった事態を招くことがないようにトレーダーは意識しなくてはなりません。

こういった事情もあって、国内FX業者のロスカット水準は高めに設定されているとも言えます。

しかしLANDFXは追証を回避できる「ゼロカットシステム」が採用されているので安心です。

万が一口座残高がマイナスになってしまっても、LANDFXに連絡を入れることでマイナス分を補填してもらえる、という制度になります。

ただし無条件で負担してもらえるわけではなく、審査を行った上で、適切なトレードを行っていたことが証明されれば実行される仕組み。

リスク管理がされていないと判断された場合は追証が生じる可能性もあります。

そのため「ゼロカットがあるから放置しても大丈夫」と油断するのではなく「マージンコールが来たから証拠金を追加しておこう」「ロスカットの前に決済しておこう」と早め早めに対処するのが理想的です。

複数口座を利用中は別口座から相殺されることも

LANDFXで複数の口座を利用している場合、別口座の残高からマイナス分を相殺する場合があると名言されています。


 

LANDFXのゼロカット申請方法

ゼロカットはLANDFXのサポートデスクに申請する必要があります。

japan.support@land-fx.comにメールするか、問い合わせフォームで連絡しましょう。

なおその際は次の2点を記入する必要があります。

  • MT4アカウント番号
  • マイナス金額

またゼロカットの申請は「入金する前」に行わなくてはならないため注意してください。

ゼロカットの申請は「入金する前」に行う
 

LANDFXの証拠金維持率を計算してみよう

上記したロスカットとマージンコールは「証拠金維持率」で判別されています。

証拠金維持率の計算方法は「有効証拠金÷必要証拠金×100」です。

有効証拠金の計算は「資産合計額+評価損益額」となります。

1ドル=100円のとき、1ロット(10万通貨)の買いをいれたとしましょう。

この時点の必要証拠金は1,000万円。

LANDFXの最大レバレッジ(500倍)をかけると

1,000万円÷500倍=2万円

口座に10万円を入金すれば

10万円÷2万円×100=500(%)

このケースなら500%の証拠金維持率となります。

基本的にレバレッジが高いほど証拠金維持率が下がっていくので、資金が少ない人ほど高レバレッジで取引した方がメリットが大きいと言えるでしょう。

MT4で証拠金維持率をすぐに確認できる

わざわざ計算しなくても、MT4の画面下部にある「ターミナルウィンドウ」→「取引タブ」から、現在の証拠金維持率をすぐにチェックできます。

「ターミナルウィンドウ」→「取引タブ」から、現在の証拠金維持率を確認できる
 
MT4ならリアルタイムで証拠金維持率が算出され続けるのでとても便利です。

取引はMT4またはMT5で行う人がほとんどでしょうから、証拠金維持率が表示される場所を確認しておき、取引の際はこまめに維持率をチェックするように心がけましょう。

証拠金維持率を高くするには

証拠金維持率が下がってきて、マージンコールやロスカットを避けるためには次の2つの方法を取りましょう。

  • 口座に追加入金して口座残高を増やす
  • 含み損が出ているポジションを早めに決済する

これでロスカットを回避することができます。

まとめ

今回はLANDFXのロスカット、マージンコール、証拠金維持率について解説しました。

ポイントをおさらいすると次の3つが挙げられます。

  • ロスカット水準は30%、マージンコールは50%
  • ゼロカットを採用しているが自分から連絡して審査を受ける必要がある
  • MT4からリアルタイムの証拠金維持率をチェックできる

「LANDFXのロスカットってどうなっているの?」
「証拠金維持率の計算はどうすれば良いの?」

といった人は、ぜひこの記事を参考にして、LANDFXでロスカットされることがないように、証拠金維持率をしっかりとチェックする習慣を身につけましょう!