XMの評判を徹底解剖!FXトップトレーダーがこぞって高評価する理由に迫る!

高レバレッジ、豊富なボーナス…と海外FXは国内FXには無い素晴らしいサービスを提供しているのが魅力の1つ。

実際にFXで稼いでいる、いわゆるトップトレーダーは海外FX業者をメインに取引している人が多く、これから参入しようと考えている方も多いのではないでしょうか。

「有名な海外FXと言えばXMだけれど、実際使えるものなの?」
「XMでトレードしている人たちの評判・本音を知りたい」

といった声も多いです。

そこで今回は、XMのメリット・デメリット、スペック、評判などを紹介していきます。

この記事を読むことで、XMのことを余すこと無く知り、海外FXデビューに役立てられるので、ぜひ参考にしてください。

XMの公式サイトを見てみる

  1. XMってどんなFX業者なの?
    1. XMはスペックが超強力!国内FXを完全に凌駕!
  2. XMが選ばれる7のメリット
    1. XMは信頼性・安全性が高く、入出金トラブルも無し!安心して使える海外FX業者
    2. ボーナスは常時開催!豊富なボーナスで入金額以上のトレードができる!
    3. 完全日本語対応でサポート体制もバッチリ!
    4. ゼロカットシステムの採用で投資金以上の損失は無し!追証リスク全く無し!
    5. 最大レバレッジ888倍で少ない資金から大きな収益が見込める!
    6. FXの王道プラットフォームMT4とMT5に対応!
    7. XMの公式ブログは完全日本語対応でマーケティングの勉強にうってつけ!
    8. 取扱通貨ペア数が多彩。他にも株価指数、貴金属、コモディティまで幅広い取引が可能
  3. XMを利用する上で気をつけたい2つのデメリット
    1. 入出金ルールが若干複雑で面倒な側面がある
    2. 海外FX業者の中ではスプレッド水準がやや高め
  4. XMの口座開設から出金までの流れを把握しよう
  5. XMに関する7つのよくある質問をQ&Aで紹介!
    1. 3つの口座タイプのどれを選べば良い?
    2. 追加口座の作り方は?最大いくつまで作れる?
    3. 入出金の選び方でおすすめなのはどれ?
    4. XMは自動売買(EA)を使ったトレードに対応している?
    5. 出金拒否が心配。本当に信頼しても大丈夫?
    6. VPSサービスは利用できますか?
    7. 法人口座は作れますか?
  6. まとめ

XMってどんなFX業者なの?

XMの公式サイトキャプチャ

XMの正式名称は「XM Trading(エックスエム トレーディング)」といい、2009年からサービスを展開している老舗の海外FX業者になります。

30言語以上のサポートを提供していて、その中にはもちろん日本語も含まれているため、英語が不得意なトレーダーでも安心して利用できるのが嬉しいですね。

XMはスペックが超強力!国内FXを完全に凌駕!

XMの基本的なスペックを表にまとめると次のようになります。

口座タイプ マイクロ スタンダード ゼロ
注文方式 STP STP ECN
最大レバレッジ 888倍 888倍 500倍
ボーナス あり あり 無し
ドル円平均スプレッド(pips) 2 2 0.1
1ロット(通貨) 1,000 10万 10万
最大取引量 100ロット(10万通貨) 50ロット(500万通貨) 50ロット(500万通貨)
最小取引量 0.01ロット(10通貨) 0.001ロット(1,000通貨) 0.01ロット(1万通貨)
取扱通貨(FX) 57 57 56
CFD銘柄 42 42 無し
金属銘柄 5 5 無し
ロスカットライン 20% 20% 20%
ゼロカットシステム

スペックの高さは海外FX業者の中でもトップクラスの水準にまとまっています。

スプレッドに特化した海外FXと比べると、やや広めになっていますが、それでも最狭水準に抑えられているのが良いですね。

スペックから見るポイントは次の4つになります。

  • 最大レバレッジ888倍で少ない資金でも高い収益性を誇る
  • 豊富なボーナスの数々で入金額以上の取引ができる
  • ゼロカットシステム採用で追証のリスクが無い安心感
  • 3つの口座タイプでトレーダーの取引スタイルに合わせた利用が可能

もちろんこれだけで日本人トレーダーから絶大な支持を受けているわけではありません。

まだまだたくさんの魅力があるからこそ、XMの人気が続いているのです。

次はXMのメリット・デメリットをみていきましょう。

XMが選ばれる7のメリット

ここからは実際にXMで取引しているトレーダーの評判も交えつつ、選ばれている次の7つのメリットを紹介していきます。

  • 信頼性、安全性の高さ(入出金も安心)
  • ボーナスが豊富
  • 完全日本語対応
  • ゼロカットシステムで追証無し
  • 最大レバレッジは888倍
  • MT4とMT5に対応
  • 公式ブログでマーケティングの勉強ができる

それでは各メリットの詳細をみていきましょう。

XMは信頼性・安全性が高く、入出金トラブルも無し!安心して使える海外FX業者

海外FXを利用する上で「信頼できる業者なのか」は最重要項目の1つです。

いくら利益を上げることができても、それを出金できなければ意味が無いどころか、入金した金額・時間の損失になりかねません。

XMは2009年から運営し続けている老舗ですし、イギリス金融行動監視機構、キプロス証券取引委員会、オーストラリア証券投資委員会、セーシェル金融庁のライセンスを取得しています。

外部ライセンスがあるため、信頼性・安全性がとても高く、その点はメリットの1つとして考えて良いでしょう。

またTwitterの評判を見てみると、入出金トラブルの報告は全く見受けられません。

このように、無事に出金できている報告が数多く挙げられています。

もし出金拒否が起こるようなら、Twitterを始めとしたSNSで一気に拡散される世の中。

全然報告されていないところを見ると、入出金トラブルが無く、安心して使えるサービスと考えて良いでしょう。

ボーナスは常時開催!豊富なボーナスで入金額以上のトレードができる!

XMの大きなウリの1つが豊富なボーナスです。

XM関連のツイートを見ると、ボーナスに関する情報が大量に出回っています。

たくさんのトレーダーがXMのボーナスを上手く使って立ち回っているのを見て取れますね。

常時開催されているボーナスだけで次の3つが挙げられます。

  • 新規口座開設ボーナス
  • 入金ボーナス
  • XMP(ロイヤルティプログラム)

各ボーナスの内容は以下のとおりです。

新規口座開設ボーナス

口座開設するだけで3,000円のボーナスがもらえます。

少ない金額に感じられますが、口座を作るだけで入金は一切不要なため、試しにXMでトレードしてみたい人にピッタリです。

入金ボーナス

XMの入金ボーナスは2段階構成になっています。

1段階目:100%入金ボーナス(上限5万円)
2段階目:20%入金ボーナス

仮に10万円入金すると、1段階目5万円に100%(5万円)+2段階目5万円に20%(1万円)=合計6万円のボーナスが発生します。

つまり10万円の入金で、トータル16万円の証拠金から取引が可能になる、という仕組みです。

他社と比較してもかなり強力なボーナスとなっている、XMの目玉サービスといえるでしょう。

XMの最新ボーナスに関する情報は、下記ページでも詳しく解説しているので参照してみて下さい。

XMボーナスの受け取り方&3000円が貰える口座開設キャンペーンを徹底解説
「せっかくFXを始めるならボーナスがもらえる方が嬉しい!」と考えるのは当然のことです。 実際、国内のFXは口座開設や入金時にボーナスを貰えることが多いですよね。 しかし海外FX業者はボーナスポイントをプレゼントしているところが少...

XMP(ロイヤルティプログラム)

XMPはXMポイントと略称で、いわゆるロイヤルティプログラムの1つ。

ロイヤルティプログラムは一定期間利用しているトレーダーに対して提供されるインセンティブです。

XMPはランク制度が採用されていて、グレードに応じて獲得できるポイントが変動します。

ランク 1ロットあたりの獲得ポイント 条件
エグゼクティヴ 10XMP/ロット 初回取引完了
ゴールド 13XMP/ロット 初回取引後30日
ダイアモンド 16XMP/ロット 初回取引後60日
エリート 20XMP/ロット 初回取引後100日

エリートランクまで上がれば、1ロット(10万通貨)の取引で20XMPを獲得できるようになります。

獲得したポイント÷3ドルでボーナス換金できるため、1XMP=0.33ドル相当の価値がある、と考えましょう。

エリートランクなら1ロットで6.6ドル相当、10ロットで66ドル相当のボーナスがもらえるため、地味に美味しいですね。

XMPに関する評判を見ても、喜んでいるツイートがたくさん見受けられます。

XMでトレードしているうちに、気がつけばXMPが貯まっていてラッキー!という方が多い傾向にあります。

ネットショップや家電量販店などのポイントサービスのような感覚で使えるので、ヘビーユーザーほど恩恵が大きいのも注目ポイントといえるでしょう。

関連記事:XMのロイヤルティプログラムを徹底解説!証拠金に使えるボーナスだけでなく現金にも交換できる!

完全日本語対応でサポート体制もバッチリ!

完全日本語対応

公式サイトに訪れれば分かりますが、XMは完全日本語対応の海外FX業者です。

ホームページ、マイページはもちろん、取引ツールからサポート(メール、チャットなど)もすべて完全日本語対応!

英語が苦手な方でも、まるで国内FX業者を利用しているかのように、全くストレスを感じることなく取引ができる安心感は絶大です。

サポート体制を高く評価するツイート・評判を大量に見受けられる点からも、より安心して利用できます。

ゼロカットシステムの採用で投資金以上の損失は無し!追証リスク全く無し!

ゼロカットシステムは口座残高がマイナスになっても、追証が発生しない制度のことです。

つまり入金した以上の損失が発生することはありません。

参照記事:ゼロカットシステムとは?安全を追求した仕組みで海外FXは追証(ロスカット)は発生しない

一方、ゼロカットシステムに対応していないFX業者(国内FX業者など)は、口座残高がマイナスになると追証が発生して支払いの義務が生じてしまいます。

少ない資金しか用意できないトレーダーも、ゼロカットシステムの存在のおかげで、最大888倍のレバレッジをかけた、思い切りの良いトレードにチャレンジしやすいですね。

国内FX業者にはない、XMならではの収益性の高さは大きなメリットの1つとなります。

なおXMのロスカット水準は証拠金維持率20%に設定されていて、ギリギリまでポジションを保有できるのも魅力的です。

このように、ゼロカットシステムによる追証の心配が無いことをツイートが多く見受けられる点からも、XMが評価されていると判断できます。

最大レバレッジ888倍で少ない資金から大きな収益が見込める!

XMの大きなメリットの1つが最大888倍のハイレバレッジです。

初心者トレーダーはあまり多くの資金を用意できないことが多く、少ない資金で大きな収益を上げるにはレバレッジが必須。

仮に米ドル円110円のとき、1ロット(10万通貨)を取引しようと思ったら、110×10万=1,100万円の証拠金が必要です。

しかしレバレッジ888倍を適用すれば、1,100万円÷888=12,387円の証拠金で取引ができます。

レバレッジを使えば、1万円ちょっとで1ロット分の取引ができるのはアドバンテージとなり、あまり資金を用意できないトレーダーも、大きな利益を上げる大チャンス!

また、最大レバレッジは1倍~888倍まで柔軟に変更することも可能になっています。

XMのレバレッジを変更する方法のまとめ!強制的にレバレッジが変更されたときの対処も合わせてチェック!
XMでレバレッジを使った取引を行っていると、取引の途中でレバレッジを変更したくなるシーンも出てきます。 「XMのレバレッジって変えられるの?」 「レバレッジ変更方法を知りたい!」 といった方もいらっしゃるでしょう。 また...

さらに上述したゼロカットシステムのおかげで、ハイレバレッジで取引しても追証のリスクが一切無いのも心強いですね。

ただXMはロスカットレベルを証拠金維持率20%に設定しているため、実際にはこの金額よりも多めの口座残高を用意しておかなくてはなりません。

XMの証拠金維持率の計算方法とロスカット対策については下記記事を参照にしてください。

XMの証拠金維持率の計算方法とロスカット対策を徹底解説!
XMは最大888倍ものレバレッジが可能で、少ない証拠金で大きく取引できる点が多くのトレーダーにとって魅力的な部分だと評価されています。 一方で 「ハイレバレッジの取引はロスカットが起こりやすいのでは?」 「証拠金維持率がどれく...

FXの王道プラットフォームMT4とMT5に対応!

FXトレードにおける王道プラットフォーム(取引ツール)のMT4とMT5の両方に対応しています。

それぞれの特徴をまとめると次のとおりです。

  MT4 MT5
快適さ 普通 サクサク軽快
使いやすさ 普通 分かりやすい
カスタムインジケータ 豊富 やや少ない
自動売買(EA) 豊富 少ない

MT4はインジケータやEAを重視する人向け、MT5は裁量トレーダー向け、と住み分けされているのが現状です。

ただ、今後はMT5がアップデートされ、将来的にはMT4を超えるプラットフォームへと成長すると見込まれているので、今のうちからMT5に慣れておくのも良いでしょう。

MT4、MT5の対応デバイスは次の7種類になります。

  • Windows
  • Mac
  • web
  • iPad
  • iPhone
  • android
  • androidタブレット

例えば自宅でトレードするときはPCを使って、外出先ではiPadを使う、といったシーンに応じた使い分けが可能となっています。

XMの公式ブログは完全日本語対応でマーケティングの勉強にうってつけ!

XMが運営している公式ブログがあり、これがマーケティングの勉強にとても有用です。

公式ブログ

FXの基本的な情報はもちろん、その時々のニュース(画像は新型コロナウイルスによる株価・米ドル下落の話題を詳しく解説)が公開され、しっかりとマーケティングニュースを勉強できます。

他にも上部メニューから「FXを学ぶ」を選択すれば、初心者向けのハウツーをチェックでき、基礎から応用までしっかりと身につけることが可能です。
 
「FXを学ぶ」を選択すれば、初心者向けのハウツーをチェックできる
 
 
 

無料のオンラインセミナーも開催されているので、時間を見つけて参加するのもおすすめ!

無料のオンラインセミナーも開催

 
 
 

取扱通貨ペア数が多彩。他にも株価指数、貴金属、コモディティまで幅広い取引が可能

XMは取り扱い通貨ペア数が業界最高水準の57種類となっていて、メジャー通貨だけでなくマイナー通貨にチャレンジしてみたいトレーダーを満足させてくれます。

またFXだけでなく、コモディティや株価指数、貴金属、エネルギーといった取引商品も取り揃えているため、より幅広いトレード体験ができるでしょう。

各カテゴリーごとの取扱銘柄数は以下のとおりです。

  • FX:57種類
  • コモディティ(商品):8種類
  • 株価指数:現物指数CFD18種類、先物指数CFD12種類、計30種類
  • 貴金属:スポットメタル2種類、先物CFD2種類、計4種類
  • エネルギー:5種類

取扱銘柄をすべて見たい方は下の関連記事をご参考下さい。

これらのCFD取引は、スタンダード口座、マイクロ口座で取引でき、FXと同様にMT4やMT5から注文できます。

レバレッジは33~888倍と銘柄によって異なる点だけ注意しましょう。

例えば次の4つはそれぞれ最大レバレッジが異なります。

  • 日経225:200倍
  • ダウ平均:100倍
  • ココア:50倍
  • 金:888倍

例えば日経225で取引すれば、身近な存在なだけに情報を入手しやすく、値動きの予想を立てやすいですよね。

またFXと比べてトレンドを読みやすく、予想を点てた上で戦略的な取引を行いやすいのも魅力的です。

投資の世界はいかに上手に「リスクの分散」を行えるかが鍵。

FXだけでなく、CFDにチャレンジしやすいのもXMの大きなメリットの1つといえるでしょう。

XMを利用する上で気をつけたい2つのデメリット

メリットの多いXMですが、利用する上で気をつけなくてはならない点がいくつかあります。

具体的には次の2点です。

  • 入出金ルールに気をつける
  • スプレッドはやや広め

それでは各デメリットの詳細をみていきましょう。

入出金ルールが若干複雑で面倒な側面がある

XMは様々な入金方法が用意されていますが、利益分を出金できるのは海外銀行送金のみとなっています。

例えばクレジットカードで入金すると、入金額と同額分をクレジットカード出金し、残った利益を海外銀行送金で出金する、といった手順が必要です。

他の入金方法を選んだ場合も同様で、bitwalletやBXONE、STICPAYも先に入金分を出金した上で、銀行送金で利益分を出金する流れとなります。

bitwalletでの出金に関しては2019年頃からできなくなってしまったようですので注意が必要です。

XMでbitwalletの出金ができない!原因と対処方法、他の出金方法を一挙紹介!
海外FX業者の多くが出金方法の1つとして用意しているオンラインウォレットサービス「bitwallet(ビットウォレット)」。 しかし最近になって、XMでbitwalletへの出金ができなくなってしまいました。 「どうして出金でき...

そのため、最初から銀行送金を使った入金にすれば、入出金の手間を減らせておすすめ。

ただし銀行送金による入金はメリットとデメリットがあるので覚えておかなくてはなりません。

【銀行送金による入金のメリット】

  • 1万円以上の入金は手数料無料
  • ネットバンクからの入金に対応
  • 入金額と利益分を一緒に出金できる

【銀行送金による入金のデメリット】

  • 1万円未満の入金は手数料980円が発生する
  • 振込手数料はユーザー負担
  • 入金が反映されるまで1時間ほどかかる場合がある
  • 営業時間外の入金は翌営業日以降に手続きされる

そして海外銀行送金で出金する場合、次の2つのデメリットが発生します。

  • 2,000~4,000円相当の受取手数料が発生する
  • 出金手続きから着金まで3~5営業日ほどかかる(金額が大きいともっとかかることもある)

銀行送金による出金のデメリットは、XMだけに限らず、他の海外FX業者を利用しても同様なため、この点は覚悟しておかなくてはなりません。

XMの入出金に関する評判に次のようなものが挙げられます。

スムーズな入出金ができている一方で、やはり手数料をネックに感じる方が多い印象です。

XMの入金・出金の方法等については以下のページでもまとめています。

XMの入金方法を完全網羅!手順、手数料、反映時間、注意点、選び方を紹介!
XMの入金方法は様々なものが用意されていて、どれを選べば良いのか悩むことがあります。 「XMはどんな入金方法があるの?」 「それぞれのメリット・デメリットを知りたい!」 という方もいらっしゃるでしょう。 そこで今回は、X...
XMの出金方法を完全解説!オススメの方法や選び方の注意点も網羅!
XMで利益を上げたら出金しなくてはなりませんよね。 数多くの出金方法が用意されているため、どれを選べば良いか悩む方もいるでしょう。 「XMでオススメの出金方法はどれ?」 「出金の際に注意することはある?」 といった声も多...

海外FX業者の中ではスプレッド水準がやや高め

人気の高い海外FX業者に共通している点が「スプレッド水準が低い」ことです。

しかしXMはこれらの中では比較的高めのスプレッド水準になっていて、その点が気になるトレーダーも少なくありません。

次の人気海外FX業者4社のスプレッド(米ドル円)を比較してみましょう。

  • GEMFOREX
  • XM
  • TitanFX
  • axiory
  XM GEMFOREX TitanFX axiory
スタンダード口座(pips) 2 1.2 1.33 1.3
低スプレッド口座(pips) 0.1 0.3 0.33 0.3
低スプレッド口座取引手数料(pips) 1 なし 1 0.6
低スプレッド口座実質スプレッド 1.1 0.3 1.33 0.9

特にスタンダード口座のスプレッド差が顕著ですが、低スプレッド口座(XMでいうゼロ口座)に関しては気にならない範疇。

通貨ペアによってスプレッドの広さが異なりますが、概ね米ドル円と同じような水準になっています。

さすがにスプレッドに特化した業者と比べると、やや劣っているのは事実です。

評判を見ても、スプレッドに関しては辛口な意見が散見されます。

各通貨ペアごとのスプレッド詳細は下のページで解説しているのでぜひ参考にして下さい。

XMのスプレッドは狭いのか全通貨ペア毎に徹底比較
利用するFX会社を選ぶ際に外せないポイントがスプレッド数値が低い口座を選ぶことです。 同じタイミングでエントリー・決済を行った場合、買値と売値の差額にあたるスプレッドが狭い方が多くの利益を得られて資金効率が高まるからです。 今や...

XMの口座開設から出金までの流れを把握しよう

XMの口座開設から出金までの流れをまとめると次の6ステップになります。

  1. 口座開設
  2. 本人確認の提出
  3. 入金
  4. MT4、MT5をダウンロード・インストール
  5. トレード
  6. 出金

原則どなたでも本人確認さえ取れれば口座開設が可能となっています。

本人確認書類の提出に必要な住所確認書や準備する書類については以下ページで解説しています。

XMの本人確認に必要な住所確認書はズバリこれ!準備する書類と提出方法を徹底解説!
XMの口座を有効化するためには、本人確認が必要になります。 本人確認には身分証明書と住所確認書の2つを提出しなくてはならないのですが、初めてだと勝手が分からないこともありますよね。 「住所確認書って何を出せば良いの?」 「どう...

ちなみに口座開設時の入力フォームでマイナンバーの入力を求められる項目がありますが、「いいえ」と回答選択をしても問題ありません。

XMからマイナンバーの入力を求められたときはどうする?実は提出しなくても問題なし!
XMを利用中、またはこれから口座を開設するときに、マイナンバーの提出を求められることがあります。 「わざわざマイナンバーを入力しないといけないの?」 「もし出さなかったらどうなるの?」 と心配になる方もいらっしゃるのではないで...

XMに関する7つのよくある質問をQ&Aで紹介!

XMでトレードする上で、寄せられることの多い質問がいくつかあります。

これから始める方に向けて、7つのQ&Aにまとめました。

  • 口座タイプの選び方
  • 追加口座の作り方
  • 入出金の選び方
  • 自動売買(EA)のやり方
  • 出金拒否の可能性
  • VPSサービスは利用できるか?
  • 法人口座は開設できるか?

それでは内容をみていきましょう。

3つの口座タイプのどれを選べば良い?

XMには3つの口座タイプがあり、各特徴をおおまかにまとめると次のようになります。

スタンダード口座:ボーナス、XMPに対応しているスタンダードな口座タイプ
マイクロ口座:1ロット単位が少ない、少額取引用の口座タイプで、スタンダード口座と共通している部分がほとんど
ゼロ口座:スプレッドがとても狭いがボーナス、XMPは未対応の上級者向け口座

どれにするか悩む人は、豊富なボーナス、取引量に応じてポイントを獲得できる「スタンダード口座」を選ぶのがおすすめです。

まずはお試し感覚で少額から取引を試してみたいという方は、「マイクロ口座」を、スプレッドが気になる方は「ゼロ口座」を選ぶとよいでしょう。

ゼロ口座についてのメリット・デメリットについては以下のページでまとめているので参考にして下さい。

XMのゼロ口座のメリット・デメリットを徹底解説!他口座タイプや他社低スプレッド口座との比較も合わせてチェック!
XMに口座を開設する際、どの口座タイプを選べば良いのか悩んだことはありませんか? 中でも「ゼロ口座」はスプレッドが狭く、気になっている方も多いでしょう。 「ゼロ口座ってスプレッドが狭いみたいだけれど、メリット・デメリットは何があ...

追加口座の作り方は?最大いくつまで作れる?

XMは最大で8つまで口座を開設できます。

作り方は簡単5ステップ。

  1. XMの会員ページにログイン
  2. 「追加口座を開設する」を選択
  3. 必要事項を入力
  4. パスワードを設定し、利用規約に同意
  5. 「リアル口座開設」を選択

上記した3つの口座タイプをそれぞれ追加することができるため、自分のスタイルに合う口座タイプを探すのも簡単です。

追加口座についての詳しい解説は下記ページでしているので参考にして下さい。

XMの追加口座の作り方を完全解説!作成のメリット・デメリットまで幅広く紹介!
XMには様々な取引が用意されているため、通貨・トレード方法ごとに取引口座を別にしたいと考えたことはありませんか? 「XMは追加口座を作ることができるの?方法は?」 「追加口座を持つメリットやデメリットは何?」 と気になっている...

入出金の選び方でおすすめなのはどれ?

XMの入出金ルールの煩わしさを解消したいなら、入金・出金のどちらも「銀行送金」を選ぶのがベターです。

ただし振込手数料や受取手数料がネックになってくるため、できるだけ手数料を抑えられる銀行口座を用意しておきたいところ。

定番どころに次の3行が挙げられます。

  • ソニー銀行
  • SBIネット銀行
  • 楽天銀行

特にソニー銀行は手数料がかなり抑えられているため、第1候補として覚えておくと良いでしょう。

各ネット銀行のおすすめポイントや出金方法、手順については以下ページで解説しています。

XMの入出金にソニー銀行が選ばれている理由は出金手数料を極力抑えられるから!
海外FX業者の中でトップクラスの人気を誇る「XM」。 以前まではネッテラーやビットコインといった出金方法が使われていたのですが、現在は利益分の出金を銀行出金でしか行えなくなっています。 そして多くのトレーダーが入出金先に「ソニー...
XMの出金先に楽天銀行を選ぶメリットとデメリット、出金方法・手順のまとめ
XMの出金先として楽天銀行を検討している方も多いのではないでしょうか。 「楽天銀行に出金できるの?」 「手数料はどれくらいかかる?」 といった声を耳にする機会も多いです。 そこで今回は、XMの出金先に楽天銀行を選ぶメリッ...
XMの出金先はSBI(住信SBIネット銀行)がオススメな3つの理由と出金方法のまとめ
XMの銀行出金で、出金先に住信SBIネット銀行を選ぼうと考えている方も多いでしょう。 そうでなくても… 「XMでお得に入出金できる銀行ってどこ?」 「どうやって出金手続きを進めれば良いの?」 と気になっている方も大勢いら...

XMは自動売買(EA)を使ったトレードに対応している?

もちろん可能です。

会社員など、トレードに割く時間を作るのが難しい人や、トレードに関する知識が少ない人でも取引ができるのが自動売買(EA)の魅力。

MT4とMT5の2つのプラットフォームが用意されていますが、自動売買(EA)を考えているならMT4を選びましょう。

XMの自動売買(EA)の導入方法、使い方について詳しく知りたい方は以下ページを御覧ください。

XMの自動売買(EA)の導入方法、使い方を徹底解説!おすすめプログラムも合わせて紹介!
XMのトレードをより良いものにするために、自動売買(EA)の活用を検討している方もいらっしゃるでしょう。 「自動売買(EA)を試してみたいけれど、何から始めれば良いのか分からない」 「どの自動売買(EA)を選べば良いの?」 と...

出金拒否が心配。本当に信頼しても大丈夫?

結論から言えば、出金拒否が絶対に起こらないわけではありません。

しかしXM側の都合ではなく、トレーダー側に問題があるケースでのみ、出金拒否されます。

XMが定めている禁止事項に触れていることが主な出金拒否の原因です。

特に多いのが次の5つ。

  • 複数口座間の両建て
  • 他業者間での両建て
  • グループ内での両建て
  • システムの穴を突いた取引
  • 特定状況下のみの取引

これらに気をつければ出金拒否を受けることはまず無いので安心して取引してください。

XMでの出金拒否の噂に関しては下記ページで検証していますので気になる方は参照して下さい。

XMでまさかの出金拒否!?XMで出金できない原因と対処方法を徹底解説!
人気のFX業者「XM」を利用していて「出金拒否されたらどうしよう…」と不安になったことはないでしょうか。 せっかく利益を上げても、出金できなければ水の泡。 さらに口座凍結になれば、入金分を損してしまうリスクも! そこで今回...

VPSサービスは利用できますか?

もちろんVPSに対応しています。

また、XMは特定の条件をクリアした人を対象に、無料VPSを提供しているため、ぜひ活用したいところです。

条件は次の2点となっています。

  • 口座残高5,000ドル以上
  • 1ヶ月以内に往復5ロット以上の取引

もしこの条件をクリアできなくても、毎月28ドルを支払えば、XMのVPSが利用可能です。

もちろん他社VPSも使えます。

代表的なのは次の2社です。

  • お名前.comデスクトップクラウド:月額2,400円~
  • VULTR:月額26ドル~

VPSを導入すれば、自宅のPCを落としても、24時間常にMT4を稼働させ続けられるようになるので、自動売買(EA)をメインに取引しようと考えているトレーダーはぜひ検討してみてください。

法人口座は作れますか?

XMでは法人口座を取り扱っていません。

以下のページを読んで法人口座を用意している他の業者を検討してみると良いでしょう。

XMは法人口座を作れない!他のおすすめ海外FX業者はこれ!
多くのFXは個人口座と法人口座のどちらかを開設できるようになっています。 では大手海外FX業者の「XM」は法人口座を作ることができるのか、気になっている方も多いのではないでしょうか。 「XMは法人口座を作れる?」 「そもそも法...

まとめ

今回はXMのメリットやデメリット、評判などを詳しく紹介しました。

最後にもう一度おさらいすると…

  • ハイレバレッジ、ゼロカットシステムを兼ね備え、少ない資金で多くの収益が見込めるサービス
  • ボーナスやロイヤルティプログラム(XMP)が優秀で入金額以上に取引できる
  • 老舗海外FX業者らしい信頼度の高さで安心して取引ができる

の3点が挙げられます。

「XMの取引に興味がある」
「そろそろ海外FXデビューをしてみようかな」

といった方は、ぜひこの記事を参考に、XMの口座を作り、国内FXには無い魅力を存分に堪能してくださいね。

XMの公式サイトを見る