XMの本人確認に必要な住所確認書はズバリこれ!準備する書類と提出方法を徹底解説!

XMの口座を有効化するためには、本人確認が必要になります。

本人確認には身分証明書と住所確認書の2つを提出しなくてはならないのですが、初めてだと勝手が分からないこともありますよね。

「住所確認書って何を出せば良いの?」
「どうやって提出するの?」

と気になっている方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、XMの住所確認書の種類、提出方法などを解説していきます。

この記事を読めば、スムーズにXMの本人確認を済ませ、口座を有効化させられるようになるので参考にしてくださいね。

本人確認に必要な身分証明書と住所確認書はこれを用意しよう!

XMの口座を有効化させるために、次の2種類の書類を用意しましょう。

  • 身分証明書
  • 住所確認書を

まずはそれぞれ有効な書類をリストアップします。

身分証明書(有効期限内のものに限る)

身分証明書に該当する書類は次の7種類が挙げられます。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード(表面のみ。住所確認書と併用不可)
  • 写真付き住基カード
  • 外国人登録証
  • 在留カード
  • 写真付き障がい者手帳

※いずれも写真がついていること

身分証明書はカラーコピーしたものを準備しましょう。

また当然ですが、有効期限内のものでなければ認められません。

住所確認書(いずれも6ヶ月以内に発行したものに限る)

続いて住所確認書です。

該当書類は以下の4種類になります。

  • 電気、ガス、水道、電話、ネット(プロバイダなど)、ケーブルテレビなど公共料金の請求書
  • マイナンバーカード(表面のみ。身分証明書と併用不可)
  • 住民票
  • 銀行の口座残高証明書(名前、発行日、住所が記載されている面)

住所確認書はいずれも6ヶ月以内に発行されたものでなければ認められません。

画像データ・スキャンデータを用意しよう!

XMの書類提出方法は公式サイトからのアップロードのみとなっています。

そのため、画像データ(スマホカメラ、デジカメなど)やスキャンデータ(スキャナー)を用意してアップロードしなくてはなりません。

データ化するにあたってチェックしておきたいのは次の3点です。

  • 書類全体が鮮明に写っていること
  • 対応フォーマットはGIF、JPG、PNG、PDFの4種類
  • サイズは最大4MBまで

手っ取り早いのはスマホや携帯電話、デジカメで撮影して、画像データをPCに取り込む方法です。

スキャナーがあれば、そちらでデータを読み込んでもOK。

サイズの上限が4MBに制限されているので、撮影時はデータ上限にも配慮しましょう。

最近のスマホは高画質なカメラが搭載されているので、普通に撮影しただけでサイズオーバーになる可能性があります。

もしも4MBを超えるようなら、次の2つの方法を試してください。

  1. 撮影時、スキャン時にデータを小さくする(画像サイズを下げる)
  2. ペイントなどのソフトや、画像サイズ変換サービスを利用して小さくする

これでバッチリ対応できるでしょう。

マイナンバーカードを本人確認書類として提出する際の注意点

上記リストを見てもらえば分かるように、マイナンバーカードは身分証明書・住所確認書の両方で使えます。

しかし注意しなくてはならないのが、どちらかにしか使えないということです。

つまりマイナンバーカード1枚だけで本人確認を済ませることは不可能。

例えば身分証明書として提出すると、他に住所確認書を用意しなくてはなりません。

逆に住所確認書として提出するなら、他の身分証明書を用意しましょう。

マイナンバーカードを利用する際は次の2パターンのうちいずれかを選ぶことになります。

パターンA:マイナンバーカード+住所確認書(公共料金請求書や住民票)

パターンB:マイナンバーカード+身分証明書(運転免許証、パスポートなど)

なお「マイナンバー通知カード」は本人確認書類として利用できないので注意しましょう。

必要書類を提出してXM口座を有効化するまでの流れ

本人確認書類を用意したら、次は口座を有効化していきます。

流れは5ステップです。

  1. 会員ページにログイン(IDとパスワードを入力)
  2. マイページトップにある「こちらより口座を有効化する」をクリック※
  3. 身分証明書、住所確認書の各画像データを選択→「書類をアップロードする」をクリック
  4. 登録メールに確認メールが届く
  5. 原則24時間以内に口座が有効化される

※トップページに口座有効化のアナウンスが出ていない場合は、右メニュー内「書類をアップロードする」を選択してください。

本人確認が取れると、早くて10分程度、遅くても24時間以内に口座が有効化されます。

ただし土日祝日は休みなので、翌営業日まで待たなくてはならないことも。

無事に口座が有効化されたら、あとは口座に入金して取引を行えるようになります。

まとめ

今回はXMの住所確認書の種類や提出方法などを紹介しました。

最後にもう一度おさらいすると…

  • 本人確認には身分証明書と住所確認書の2種類が必要
  • 身分証明書は運転免許証、パスポートなど顔写真付きのものが該当
  • 住所確認書は電気、ガス、水道といった公共料金請求書や住民票が該当

の3つが挙げられます。

「何を準備すれば良いのかな?」
「どこから提出できるの?」

といった方は、この記事を参考にしてXMの本人確認を済ませて、トレードをスタートしてくださいね。

コメント