【注意】XMが仮想通貨(ビットコイン)の取引を完全停止!ビットコイン以外の銘柄もストップ中!

海外FXを利用するメリットの1つに、FXだけでなく仮想通貨の取引もできる点が挙げられます。

日本人トレーダーから絶大な支持を受けているXMも同様に仮想通貨のトレードができていたのですが…2019年10月より新規注文受付を完全停止しています。

「どうしてXMは仮想通貨の取引ができなくなったの?」
「ビットコイン以外もダメなの?」

と心配している方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、なぜXMが仮想通貨の取り扱いを停止したのか、今後はどうなるのかなどを紹介していきます。

この記事を読めば、XMの今後が見えてくるので、ぜひ参考にしてください。

2020年2月末時点でXMは仮想通貨の取り扱いを完全に停止中!その理由とは?

2019年10月を堺に、XMは仮想通貨の新規注文受付を停止し、すでに保有しているポジションの決済のみ対応している状態に移行しました。

これは2020年2月末時点も続いており、また公式サイトのアナウンスでも、仮想通貨取引の再開は無いとのことです。

ではどうして仮想通貨取引を停止してしまったのでしょうか。

その理由は金融庁が仮想通貨交換業の登録が必要となったからだと考えられています。

平成29年4月1日より、仮想通貨交換業の登録を行った事業のみ取り扱いができるよう制定され、多くの事業が仮想通貨から撤退。

XMも同様の理由から取引を停止したという流れになります。

XMで取引できた仮想通貨銘柄は全部で5種類あった

XMが取り扱っていた仮想通貨銘柄は次の5つです。

  • ビットコインキャッシュ
  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • ライトコイン
  • リップル

日本で有名なのはビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアムあたりになります。

XMのビットコインはポジション決済のみ受付可能な状態

冒頭で紹介したように、XMは2019年10月よりビットコインの新規注文受付を停止しています。

2019年9月以前から保有しているビットコインのポジション決済のみ受け付けている状態です。

実際、MT5でビットコインのチャートを表示させることは可能なものの、新規注文ができず、ポジション決済のみ可能と表示されます。

入出金にビットコインを使えなくなったので注意

以前までXMはビットコインによる入出金に対応していましたが、現在はどちらも利用不可となっています。

すでにビットコインで入金している方は、入金額と同額をビットコインで出金し、残った利益を他の方法で出金しなくてはなりません。

入出金の手段としては、入金スピードの早さくらいしかメリットがなく、もともとあまり人気の無い方法だったので、さほど気にならない方が多いでしょう。

XMのビットコインに変わる銘柄はどれがおすすめ?

これまでXMでビットコイン取引を行っていた人の中には「じゃあ一体どの銘柄でトレードすれば良いんだろう?」といった方もいらっしゃるでしょう。

XMはFX取引に加えて、全47種類のCFD取引を提供しています。

具体的には次のとおりです。

株価指数(現物):18種類
株価指数(先物):12種類
金属:4種類
コモディティ:8種類
エネルギー:5種類

他の海外FX業者もCDFを取り扱っているところがいくつかありますが、ここまで取引銘柄が多いのはXMならでは。

トレンドの流れがハッキリとしやすいCDFは、トレンドフォローをやりやすく、FX初心者の方でもトレードしやすいといえます。

XMユーザーなら、FXと平行してCDF取引を行い、トレンドフォローの機会を増やす戦略を実践するのも候補として考えると良いですね。

仮想通貨取引を行いたい人はどのサービスを選べば良い?

XMから仮想通貨取引を行えなくなった今、どのサービスを利用すれば良いでしょうか。

XM以外の海外FX業者も仮想通貨の取引ができないところが増えてきているため、今後も長期的にトレードすることを考えると、国内仮想通貨取引所を利用するのが良いと考えられます。

代表的なのは次の5社です。

  • ビットフライヤー
  • GMOコイン
  • DMMビットコイン
  • BITPOINT
  • bitbank

いずれも実績のある仮想通貨取引所なので、安心して利用できるのがメリットです。

ただデメリットとして、レバレッジが低めに設定されているため、資金の少ない人が大きく稼ぐには少々厳しい側面があります。

各社のレバレッジをまとめると次のとおりです。

仮想通貨取引所 最大レバレッジ
ビットフライヤー 4倍
GMOコイン 4倍
DMMビットコイン 4倍
BITPOINT 4倍
bitbank 無し

ハイレバレッジで取引するなら、海外の仮想通貨取引所を検討してみましょう。

代表的なのは「BitMEX(ビットメックス)」です。

最大レバレッジ100倍、本人確認不要で取引を開始できる、キャンペーンを手広く展開している、など魅力がたっぷり。

他にも有名な海外仮想通貨取引所はたくさんありますが、日本語に対応しているところはほとんどありません。

そのため、大前提として英語がある程度分かる人向け、となります。

低レバレッジの仮想通貨取引よりも高レバレッジのXMが収益性に優れる!

ここまでに紹介してきたように、仮想通貨取引は基本的に低レバレッジでしか行なえません。

資金が少なく、ハイレバレッジトレードで大きく稼ぎたい人にとっては、最高レバレッジ888倍のXMの方が収益性に優れていると判断できるでしょう。

仮想通貨にこだわるなら話は別ですが、単純に少ない資金で稼ぎたいなら、XMのFXトレードを選ぶと収益チャンスが多いです。

レバレッジに限らず、XMなら様々なボーナスがもらえるのも大きなポイント。

具体的には次の3つのボーナスがもらえます。

ボーナス 獲得額 条件
口座開設ボーナス 3,000円 新規口座開設
入金ボーナス 入金額の100%+20%(最大50万円) 入金額5万円まで100%、5万~225万円まで20%
XMP(取引ボーナス) ステータスに応じて増加、最大で1ロットあたり20XMP 1ロット以上の取引で獲得

口座開設と入金だけでたっぷりのボーナスを獲得でき、少ない資金しか用意できないトレーダーでも、レバレッジを効かせれば大きく稼ぐチャンスがあります。

仮に10万円入金すれば、口座開設ボーナス3,000円+入金ボーナス60,000円=合計63,000円ものボーナスがもらえる計算です。

レバレッジをかけなくても、10万円の資金で16万3,000円分の証拠金を確保できるため、資金の少ない人でも大きくトレードできますよね。

まとめ

今回はXMの仮想通貨トレードの現状、他社の仮想通貨取引所などを紹介しました。

ポイントをおさらいすると

  • XMはビットコインを始めとした仮想通貨の取引を停止していて、再開の目処は立っていない
  • 仮想通貨トレードを希望するなら国内仮想通貨取引所を利用するのがスタンダード
  • 仮想通貨にこだわりがないなら、XMのFX取引がレバレッジ・ボーナスともに優秀!

の3点が挙げられます。

「XMで仮想通貨の取引ができないなら、これからどうしよう?」

といった方は、ぜひこの記事を参考にして、XMのハイレバレッジFXトレードを検討してみてはいかがでしょうか。