XMの出金先に楽天銀行を選ぶメリットとデメリット、出金方法・手順のまとめ

XMの出金先として楽天銀行を検討している方も多いのではないでしょうか。

「楽天銀行に出金できるの?」
「手数料はどれくらいかかる?」

といった声を耳にする機会も多いです。

そこで今回は、XMの出金先に楽天銀行を選ぶメリットとデメリット、そして具体的な出金方法について紹介していきます。

この記事を読めば、XMから楽天銀行に出金できるようになるので、ぜひ参考にしてください。

XMの出金先に楽天銀行を選ぶメリットとデメリット

まずは出金先に楽天銀行を選ぶメリットとデメリットについて紹介していきます。

メリット

楽天銀行はSWIFTコードを持つ銀行なので、海外送金に対応しています。

XMを始めとした海外FX業者から入出金するには、SWIFTコード対応の銀行でなければなりません。

大手銀行でも、意外と対応していないところも多く、いざ入出金しようと思ったら使えなかった…といったことも。

楽天銀行はXMの出金先として利用できることがメリットです。

デメリット

楽天銀行のデメリットには次の2点が挙げられます。

  • 受取手数料が高い
  • 口座凍結のリスクがある

それぞれ詳しくみていきましょう。

楽天銀行の受取手数料は5,000~6,000円?他行より高い傾向あり

銀行送金での出金は受取手数料が発生し、これがなかなかのコストになります。

楽天銀行は少々高めになる傾向が強く、1回につき5,000~6,000円もの受取手数料がかかるケースもしばしば。

しかし一方で「2,500円しかかからなかった」といった意見を見かけることも多いです。

実際、楽天銀行の公式サイトには「送金受取手数料:2,450円」と記載されています。
 
楽天銀行の送金受取手数料

 
 
 

しかし但し書きで「中継銀行等で別途手数料が発生する場合がある」とも。

2,500円ならかなり安い部類に入りますが、5,000円くらいの受取手数料が発生する可能性が高い、と覚えておきましょう。

楽天銀行は口座凍結のリスクがある!?

楽天銀行は「個人口座を事業目的で利用することはできない」と明記していて、XMなどのFX目的で入出金を行うと、これに引っかかる可能性があります。

実際ネットでの意見を見てみると、口座凍結となってしまった方もいらっしゃるようです。

しかも一度凍結されると、理由を教えてもらえなかったり、凍結解除を受け付けてもらえなかったり…といったトラブルも報告されているので注意しなくてはなりません。

一方で、全く問題なく出金できている報告も大量に出回っているのも事実。

「もしかすると口座凍結されるかもしれない」と覚悟して使うのか、他の銀行を選ぶのか、を判断する必要があるでしょう。

XMから楽天銀行に出金する方法・手順のまとめ

それではXMの海外送金を使った、楽天銀行へと出金する手順を紹介していきます。

手順は次の3ステップで行いましょう。

  1. XMの出金ページから手続きを行う
  2. 出金先情報(楽天銀行)を入力
  3. 問い合わせの連絡を受けて完了

それでは各ステップの詳細を紹介します。

XMの会員ページから出金手続きを行おう!

XMの会員ページにログインしたら、サイト上部にある「出金」を選択しましょう。
 
サイト上部にある「出金」を選択
 
 
 

次に出金方法一覧ページに移動するので「International Wire Transfer」を選択します。
 
「International Wire Transfer」を選択
 
 

続いて出金先の情報を入力していきましょう。

楽天銀行を出金先に指定して手続きを行おう!

出金先の情報を記入するページに移動します。
 
出金先の情報を記入するページに移動
 
 
 

受取人情報は次の5点を入力。

一例は次のとおりです。

項目 入力文字
受取人の下の名前 全角カナ タロウ
受取人の姓 全角カナ ヤマダ
受取人の名前(フルネーム) ローマ字 TARO YAMADA
受取人の住所 ローマ字 1-1-3-201, Daimyo, Fukuoka Shi Chuo Ku, Fukuoka Ken, 810-0041, Japan
受取人の銀行口座番号/IBAN ローマ字 123-12345678

住所はローマ字表記で記入しなくてはならないため注意しましょう。

面倒な方は、英語に住所を変換してくれるサービス(JuDress:http://judress.tsukuenoue.com/)を有効活用するのがオススメ。

なお、受取人情報とXMの会員情報が一致していないと出金手続きが出来ない点も注意しておいてください。

また、受取人口座番号は、支店番号(3桁)+口座番号(7桁)をあわせた10桁を入力します。


支店番号:123
口座番号:1234567
記入:123-1234567

といった具合です。

受取人銀行情報は楽天銀行の情報を記入していきます。

楽天銀行の公式サイト(https://www.rakuten-bank.co.jp/business/gpa/incoming/flow-02.html)に必要情報が記載されているので、そちらを参考にしましょう。

入力内容は次の5点です。

項目 内容
銀行名 RAKUTEN BANK, LTD.
SWIFTコード RAKTJPJT
銀行所在地 1-14-1 TAMAGAWA, SETAGAYA-KU, TOKYO, JAPAN
支店名 HEAD OFFICE※
支店コード 支店コード一覧を参照(https://www.rakuten-bank.co.jp/code-branch/

 
▼楽天銀行公式サイトの必要情報が記載されている一覧表
 

 
 
 

仲介銀行情報は次のとおり。

項目 内容
銀行名 SUMITOMO MITSUI BANKING CORPORATION, TOKYO, JAPAN
SWIFTコード SMBCJPJT
銀行所在地 1-1-2 MARUNOUCHI, CHIYODA-KU

最後に同意にチェックを入れて「リクエスト」を選択すれば、楽天銀行への出金手続きが完了します。
 
最後に同意にチェックを入れて「リクエスト」を選択
 
 
 

楽天銀行から入金に関する電話連絡がくる可能性がある

海外送金による入金があると、楽天銀行から問い合わせの電話がかかってくることがあります。

何を目的とした送金なのか、について尋ねられるので「XMで利益を得て、それを出金するための送金です」と正直に伝えればOKです。

連絡後、数日以内に入金が反映されます。

まとめ

今回はXMから楽天銀行に出金するメリット・デメリット、そして出金手順について紹介しました。

最後にもう一度おさらいすると…

  • 楽天銀行への出金は可能
  • 受取手数料が高い
  • 口座凍結のリスクがあるため、それを覚悟の上で利用しなくてはならない

の3点が挙げられます。

「楽天銀行に出金したいんだけれど…」
「具体的な出金方法を知りたい!」

といった方は、ぜひこの記事を参考に、XMから楽天銀行への出金手続きを試してみてくださいね。

コメント