Pocket

日本の相場では株式相場と為替相場は切っても切れない関係にあります。

私たちが教科書で習ったような時代のように、日本という国は輸出で儲けている国であるということが世界中で一致した見解になっているのでしょう。数字的にはそうではなくなってきているのですが輸出国と言うイメージはなかなかなくならないようです。

それが一番端的に出ているのが株式相場です。

為替相場が円高になれば日本の輸出企業の利益が減るということから株式相場は下がります。そして、円安になれば日本の輸出企業の利益が上がるということで株式相場は上昇しています。もちろん例外もありますが、円安で株安であったり、円高で株高であったりすることはめったにありません。

それにひどいことに近頃の傾向では、株式相場が上がると円安になり、株式相場が下がると円高になっていくというもう一つ訳がわからないことにもなっています。

普通の感覚で言えば、為替相場と言うものは2国間の経済状況で決まるものですが、そんなことは後回しで相場の損得で為替相場が変化しているような感じまであります。

それほどまでに為替相場と言うものは一筋縄ではいかないということなのでしょうが、日本は今までとは違い輸出国と言うよりみ内需国家になっている傾向が強いので円高円安よりも内需がどうかという方が株式相場に影響を与えなければならないのでしょうが、いまだにもっとも株式相場に影響を与えているのは為替相場の方であるようです。

Pocket