【編集部が検証】安全な海外FX業者を厳選しておすすめランキングを作成しました

国内FXの最大レバレッジが現行の25倍から10倍へ半分以上も引き下げられる可能性があちこちで報じられている昨今、国内FX業者より圧倒的に高いレバレッジ倍率でトレードできる海外FX業者の注目度が高まっています。

しかし、日本の法律が一切適用されない海外の金融会社を利用するのは、それなりにリスクを伴う行為です。意図的な約定拒否や出金リクエスト無視など色々なトラブルの体験談が飛び交っており、それらの悪評を目にしたら否応なく二の足を踏んでしまいます。

そこで今回は、以下の3つの観点からおすすめの海外FX業者を厳選してみました。

  • 経営実績
  • サービスの長所
  • トレーダーの評判

初めて海外FX業者を利用する方は、ぜひ参考にしてください!

1. XM

XM
キプロスに拠点を構えるTrading Point社が運営している海外FX業者。2009年にサービスをスタート。キプロス証券取引委員会(CySEC)や本社のあるセーシェル金融庁により認可。また、取得が難しい英国のFCA ライセンスも保有しています。

最大888倍の超ハイレバレッジトレードに対応。入金額の20~100%が取引資金に加算される入金ボーナスや、取引毎にXMPが貯まるポイントサービス等が導入されています。

しかも、追証が絶対に発生しないゼロカットシステムや顧客一人あたり2万ユーロまで資産を保証する信託保全体制が構築されています。在籍している日本人スタッフによる日本語サポートも万全。ビギナーでも安心して利用できる取引環境が整っています。

XMは昔から日本人トレーダーの間で高い人気を誇っており、海外FX業者の代名詞的存在感を放っています。もちろんネガティブな意見が無いわけではなく、「スプレッドが広い」のは否定しようのない事実です。

しかし、取引手数料を支払うことでスプレッドを最小0pipsに狭められる「ゼロアカウント」が提供されています。

「出金しようとしたら出来なかった」という意見も、事前に身分証明書類を提出してアカウントを有効化する、クレジットカードで入金した場合はまずそのカードに入金額分を出金する必要がある、等の利用規約をきちんと理解していないおっちょこちょいな方々がネット上でわめいているだけです。

違反行為をしていなければ何の問題もなく出金できる安全な会社です。
詳細ページを見る
公式サイトを見る

2. Axiory


中央アメリカ北東部に位置するベリーズに本社を構えているAxiory Global社の海外FX。2013年に設立されたばかりの新興会社ながら、ベリーズ国際金融サービス委員会IFSC(International Financial Services Commission)の認可を受け、Bank of AmericaやDeutsche Bankなど大手銀行と提携した金融サービスを国際的に展開しています。

レバレッジ最大400倍。取引手数料無料の「スタンダード口座」と、業界最安値の取引手数料を実現した低コスト&高約定力が魅力の「ナノスプレッド口座」を提供。追証無しのゼロカット方式を採用し、万一経営破綻した場合でも入金した分の資金が返還される信託保全体制が確立されています。サービスの透明性・公平性に力を入れており、レート操作などの不正が一切ない取引環境が整っています。

近年Axioryではドル建て出金のトラブルが発生しています。しかし、日本円建ての場合は問題なく出金できるため、私たち日本人トレーダーにとってはあまり関係の無い話と言えるでしょう。

しかも低スプレッド+優れた約定力が揃っており、ハイレバレッジを駆使したスキャルピングを実践する上でこの上なく重宝します。取引環境を重視するなら絶対に見逃せない存在です。

詳細ページを見る
公式サイトを見る

3. LANDFX


英国に本社を構え、ニュージーランドや中国、フィリピンなど世界中の国々で活動しているLand-FX社の海外FXサービス。2013年にスタート。審査が厳しいことで有名な英国のFCA(Financial Conduct Authority)ライセンスを取得しています。

CIOTグローバルエキスポにて2013年ブローカー賞を受賞。翌2014年には、CHINA FOREX EXPO にてベストリテールFXプロパイダー賞を受賞。2017年にはThe Investment and Financing Expoにて、最も信頼できるBrokerに選ばれた実績があります。

最大レバレッジは500倍。高性能サーバーを有し、最速0.035秒という驚異的な約定力と狭スプレッドを提供しています。5万ユーロまでの信託保全体制を確立。30,000円/$300以上の初回入金時に10%分のボーナスを適用。ロスカット時に初回入金額の5%分をキャッシュバックするリカバリーボーナスというユニークなサービスが導入されているのが特徴的です。

一見トレーダー重視の取引環境が充実していますが、一部の利用者から不満の声もあがっています。その最大の理由は、禁止事項の多さ。LANDFXでは手動にせよ自動売買にせよスキャルピング行為を禁止しており、利用規約に違反するようなことを繰り返すと、出金拒否やアカウント封鎖などの厳しい措置を受けることになります。

ルールを守っていれば何も問題はないので、利用の際は必ず利用規約に目を通しておきましょう。
詳細ページを見る
公式サイトを見る

4. TITANFX

ニュージーランドを拠点に活動しているTitan FX社の海外FXサービス。2014年にスタート。ニュージーランドのFSP金融ライセンスを取得。キングスタウン、セントビンセント・グレナディーン(SVG)のInternational Business Company(IBC) に登録されています。

最大レバレッジは500倍。取引手数料無しのスタンダード口座(STP方式)と1ロットあたり3.5ドルの手数料と引き換えに最小0pipsのスプレッドが実現されるブレード口座(ECN方式)の2つの口座タイプを提供。ずば抜けた約定力や追証請求なしのゼロカットシステムが高く評価されています。

TITANFXの取引環境は、スキャルピングにうってつけ。もちろん中長期取引等いろいろなトレードスタイルに活用できるため、多くのトレーダーから絶賛されています。強いて悪評を挙げれば、海外FXの定番とも言うべき入金ボーナスが無い、資金が確実に返還される信託保全が無い、等の欠点が指摘されています。それなりのリスクはありますが、少額資金での資産運用に最適な会社と言えるでしょう。
詳細ページを見る
公式サイトを見る

5. FXpro


英国のFXproグループが展開している金融サービス。設立は2006年。2007年にキプロス証券取引委員会(CySEC)からCySECライセンスを、2015年に南アフリカ金融サービス委員会(FSB)からライセンスを取得。2010年に英国金融行為監督機構(FCA)から認可も受けており、のべ50以上の受賞歴を誇っています。

最大レバレッジ倍率は500倍。MT4・MT5口座の他、cTrader口座も提供。ライセンスの関係で否応なくスプレッドが高くなってしまうMT口座と違い、cTrader口座では最小0pipsの極狭スプレッドが実現されています。(取引$100万あたり$45の手数料。)

追証が出ないゼロカットシステムを採用。2万ユーロまで保証する信託保全もバッチリ。金融庁によって日本人トレーダーがオーストラリアの海外FX業者を利用できなくなってしまった現在、cTraderを使えるFXproの存在は非常に貴重です。

海外では紛れもなくずば抜けた知名度と人気を誇っているFX会社です。

しかし、過去に突然日本市場からの撤退を発表して多くの日本人トレーダーが含み損の強制決済を余儀なくされた経緯があり、快く思っていない投資家も少なくありません。トレード環境は秀逸ですが、いつまた日本人トレーダーが締め出されるか分からない点に注意が必要です。
詳細ページを見る
公式サイトを見る

6. IFC Markets

2006年に設立されたキプロスのIFC Markets社が提供している海外FXサービス。英国領ヴァージン島で有限会社の登録をしており、キプロス証券取引委員会(CySEC)やBVI FSC(British Virgin Islands Financial Services)のライセンスを取得済みです。

最大レバレッジ倍率は400倍。500以上の金融商品に対応しており、メジャーなものからマイナーなものまで多彩な取引を楽しめる魅力があります。一般的なMetaTrader 4やWebターミナル等の他、独自開発の NetTradeXという取引ツールを提供。オリジナル戦略での自動売買も可能であり、使い勝手の良さに定評があります。追証無しのゼロカットシステム、完全固定スプレッド、日本語サポートも導入しているので、ビギナーでも安心して利用できます。

トレーダーの評判はおおむね良好ですが、サーバーの不安定さを指摘する意見が少なくありません。価格変動が大きい時にスリッページが発生しやすく、スキャルピングには不向きです。その分、スプレッドが固定制なので中長期取引の計算がしやすく、先物などの金融商品にハイレバレッジをかけたい方にもお勧めです。
詳細ページを見る
公式サイトを見る

7. FXDD

アメリカのバミューダ諸島に本社を構えるFXDDトレーディング社が運営している海外FXサービス。2002年にサービスを開始。MFSA(マルタ金融庁)ライセンスを保有。個人トレーダーからヘッジファンドまで世界中の投資家を顧客としており、圧倒的な社会的信頼性を誇っています。

最大500倍のハイレバレッジトレードが可能。取引手数料無料のスタンダード口座の他、片道2.99USDまたは4.99USDの手数料を支払って利用できるプレミアム口座を提供。国内FX業者並の超狭スプレッドと高い約定力を利用できる強みがあります。入金ボーナスや高額賞金を貰えるFXトレードグランブリ等のキャンペーンも充実。24時間対応のサポートサービスは困った時に重宝します。

国内外で知られている世界的知名度と老舗ならではの安心感が評価されています。しかし、証拠金維持率が100%を切ると強制ロスカットになるため、あまりハイレバレッジトレードに向きません。狭スプレッドを活用した短期トレードでコツコツ稼ぎたい方にうってつけです。
詳細ページを見る
公式サイトを見る

◆まとめ

いかがでしたでしょうか。確かに海外には、出金渋りをしたりユーザーサポートがいい加減だったりする悪質なFX業者も少なからずいますが、素晴らしいサービスを提供している優良業者もたくさん存在しています。海外FXだからといって必要以上に恐れることはありません。ここで紹介した海外FX業者の中から、自分のトレードスタイルに合ったものを選んでみてください!

注目度ランキング

人気ランキング [ 総合 ]

今注目の海外FX会社を人気ランキングにしました!資金管理の面や取引のしやすさ、サポート力など、取引概要をあらゆる角度から検証し、日本からでも安心して取引に専念できる業者が上位を占めています。きめ細やかなサービス提供力でト・・・

低スプレッドランキング!業界最狭スプレッドで取引コストを抑えられる業者はここ!

人気ランキング [ 総合 ]

海外FX業者のスプレッドは、国内FX会社のように「ドル円スプレッドが0銭~」というような極めて小さい幅を供給している業者は今のところありませんが、それでも取引するには十分すぎるくらいのスプレッド水準を保っています。スプレ・・・

ページの先頭へ