Pocket

性別 年齢
30代
FX歴 海外メイン口座
8年 XM

 
以前の不便さが解消され抜群に使いやすくなってきている
以前に海外のFX業者を利用することはそれほどメリットがあるわけではありませんでした。様々な手続きについて国内の業者よりも時間がかかりがちなことや、その業者についての情報を入手する手段に乏しいこと、そして何より英語に堪能でないと口座開設からトラブルの対処まであらゆる場面で支障が出るという問題がありました。

しかしながら、最近はこれらの事情も変わりつつあります。

まず、海外の業者を利用する大きなメリットがでてきたというのが理由のひとつに挙げられます。以前は日本国内の業者でも100倍などの高レバレッジで取引ができたのですが、金融庁の指導によりレバレッジが50倍、そして25倍と順次制限されるようになってしまいました。

よって高レバレッジで取引をしたいなら海外の業者を利用するしかないということになります。海外の業者ではどこでも100倍以上の高レバレッジで取引が可能です。

ただ、いくら高レバレッジで取引できるとはいえ、それ以外の部分でデメリットが大きすぎるのが以前の海外業者であったように思います。

入金に関しては非常に迅速に処理が行われるのですが、出金手続きとなるとかなり面倒なうえ、やたらと時間がかかりました。さすがに、いきなり音信不通になるといったケースは私の場合はありませんでしたが、きちんと振り込まれるまではとにかく不安だった記憶があります。

こういった手続きの煩雑さや処理の遅さも最近ではかなり解消されてきました。手数料の高かった海外送金に関しては国内銀行経由のネットバンキングに対応した業者が現れたことで安い手数料で即日処理が行われるようになりましたし、出金に関しても必要書類をプリントアウトしてスキャンして・・といった面倒な手続きなしに、web上のフォーム入力のみで完了するところも出てきています。

英語に関しても日本市場をターゲットにした業者が増えてきたことで日本語対応がどんどん進んでいます。公式HPはもちろん、カスタマーサポートも日本語に対応し、日本人スタッフを揃えている業者もいるので英語というハードルはかなり解消されつつあるといっていいでしょう。

Pocket