Pocket

メタトレーダー4とZuluTradeの違い
代表的な自動売買ツールといえば「MetaTrader 4(メタトレーダー4)」が有名ですよね。世界的に知名度があって有名なシステムトレードツールです。

FXの自動売買に興味がある人なら一度は聞いたことがあると思います。メタトレーダー4で自動売買を始めるには内蔵されている自動売買システム「Expert Adviser(EA)」のプログラムを設定しなければなりません。

「いつ・何の通貨ペアを・どんな条件になったら・どれだけのボリュームで売買するか。」というような売買ルールを自分で設定しなければならないのです。あるいは、市販されているEAを購入してMetaTrader4にインストールして自動売買を稼働させる必要があります。

また、EAに関する情報が少ないため、相場のトレンドに最適なEAを見つけるのが至難の技です。取引履歴を参照できないというデメリットもあります。いざ購入するとなった時でも、価格が2万円以上するものが多いなど、その費用対効果には疑問を持たざるを得ません。

コストパフォーマンスに優れ、自動売買システム選びも容易なZuluTrade

その一方でZuluTradeでは、Web上からログインするだけで3000以上もあるシグナルプロバイダーを一覧表示できるうえに、いろんな条件で絞り込み検索ができるようになっています。詳しくは「3,000超の売買シグナルを自由自在に設定可能!」ページを参考にしてみましょう。

それに加えて、全てのシグナルプロバイダーの過去の全取引履歴が数時間遅れで公開されるという大きなアドバンテージがあります。つまり、現在の史上のトレンドできちんと利益を出せているかどうかを、直近1週間から1ヶ月の売買履歴を参照すれば把握できるのです。

取引履歴を参考にしながら見つけた最適なシグナルプロバイダーを即時ポートフォリオに組み入れることも、リスクが高いと判断したシグナルプロバイダーをポートフォリオから除外することも、一画面での簡単な操作で完了させることが可能になっています。

ポートフォリオの構築・組み換えが簡単!

ZuluTradeでは、設定したシグナルプロバイダーをいつでも口座から切り離すことも出来れば、別のシグナルプロバイダーに変更することも再度運用を任せることもできます。

高額なEAだと売買戦略を見直すたびに費用がかかってしまいますが、ZuluTradeならそのような心配もなく、トレンドに合ったシグナルプロバイダーを選択し直す手間もぐっと減ります。ZuluTradeは、現在のトレンドに適したシグナルプロバイダーなのかどうかを定期的に見直ししたり、シグナルプロバイダーを組み替えたりして自分のポートフォリオを構築することが容易になっているのです。

Pocket